国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

弥生が3月31日の「経理の日」を記念してイベントを開催

会計業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、以下「弥生」)が3月28日、弥生と請求書作成サービス「Misoca(ミソカ)」のユーザーを招待し、「経理の日」を記念してイベントを開催した。

弥生は3月31日の「経理の日」を前に、3月28日、東京・秋葉原の秋葉原UDX ヤヨイヒロバでイベントを開催した。「経理の日」は、弥生と「Misoca(ミソカ)」が経理業務の大切さを認識し、新たな気持ちで新年度を迎える日として日本記念日協会より認定を受けたもの。

当日は、弥生のオウンドメディア「スモビバ!」でも人気の執筆者で、OneWorld税理士法人(東京・中央区)のパートナー大野修平公認会計士・税理士が、「ファイナンスとインベストメントで紐解く自分の磨き方」をテーマに講演。大野氏は、「自己投資ほど、ハイリターンな投資先はない。ぜひ、会計を極めて欲しい。会計の知識が根底にあれば、世界が開けるはず」と参加者に向けて、話をした。

イベント後半では、「Misoca」ユーザーでフリーランスとして各分野で活躍する片山昇平氏、大西由峰氏、上松大輝氏の3名が登壇し、「どうしてMisocaで請求業務が楽になったのか聞いてみた」と題して、パネルディスカッションが行われた。具体的には、「Misoca」との出会いや使いやすさ、業務の効率化などについて、自身の経験を元に紹介した。

なお、セミナー終了後には、懇親会での意見交換も行われた。

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ