国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ビジネスマーケット
  • マネーフォワードが10億円還元 クラウド会計の新規導入で企業に5万円、会計事務所に1社につき10万円支給

マネーフォワードが10億円還元 クラウド会計の新規導入で企業に5万円、会計事務所に1社につき10万円支給

マネーフォワード(東京・港区、代表取締役社長CEO=辻庸介氏、以下=MF、)は7月31日、クラウド会計サービス「マネーフォワードクラウド」を新たに導入する企業や会計事務所に総額10億円を支給するキャンペーンを8月1日から開始すると発表した。

(写真=イメージキャラクターの山本美月さんと辻社長が10億円支給キャンペーンを宣伝)

MFは、10月から新たに導入される消費税軽減税率制度に対応する企業を支援するため、「マネーフォワード クラウド」に新規契約する企業や会計事務所、社会保険事務所などを対象に総額10億円を支給する「10億円軍資金キャンペーン」を実施する。期間は8月1日から12月31日まで。

軽減税率制度がスタートすると、企業は消費税率が10%なのか8%なのか、仕入れや販売において区分経理が必要になってくる。もし、区分経理ができていないと消費税の仕入税額控除の適用が受けられなくなる可能性もあるためだ。

そこでMFは、煩雑化する消費税処理において、システムの入れ替えで経理処理を合理化させる中小企業を支援する目的で、新規に「マネーフォワード クラウド」を導入する企業に5万円のAmazonギフト券、会計事務所には顧客先1件登録ごとに10万円を支給する。会計事務所経由で企業が導入した場合はそのどちらにも支払われる。

ただし、会計事務所は、マネーフォワードクラウド公認メンバーでプラチナメンバー、ゴールドメンバー、シルバーメンバーに該当することが条件。キャンペーン参加に当たっては、専用サイトの申し込みフォームから申し込む必要がある。

(写真=竹田正信取締役執行役員・事業推進本部長)

「会計事務所に対しての支援金額を高く設定したのは、中小企業からの相談を受けることの多い会計事務所への支援を通じて、クラウドサービスの導入を加速させていく」(竹田正信取締役執行役員・事業推進本部長)狙いからだ。会計事務所は同社のキャンペーン期間は12月31日までだが、支給総額が10億円に達した時点で終了する予定。

なお、この日、MFはイメージキャラクターとして、女優の山本美月さんを起用したと発表。8月1日より「クラウド会計推進部長」として、全国の中小企業へのクラウドサービス普及に向けて活動する。

著者: 宮口貴志

KaikeiZine編集長

税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。現在は一般社団法人租税調査研究会の事務局長であり、会計事務所ウオッチャー、TAXジャーナリストとして活動。㈱ZEIKENメディアプラス代表取締役社長。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ