国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

OneWorld税理士法人 資金調達支援を通じて“経営者の夢”かなえるお手伝い

財務戦略や資金調達コンサルティングなど、税務以外の高付加価値業務の提供で急成長するOneWorld税理士法人(東京・中央区、代表社員=小野 敏人公認会計士・税理士)。資金調達コンサルティングについては、とくに経営者の間でも評判だ。そこで、宮口貴志編集長がパートナーの大野修平公認会計士・税理士に迫った。

パートナー 大野修平 公認会計士・税理士

―2018年4月に法人化され、わずか1年超でスタッフ数も50名近くに急成長されていますね。事務所の特徴とビジネス展開について教えてください。

法人は、「中小企業の夢をかなえるプラットフォームになる」ことを目指し、30代の公認会計士や税理士が集り設立しました。この夢の実現のためにも、事務所の規模拡大は重要な戦略として考えており、各都道府県に1事務所を構えることを目標にしています。現在は、東京のほか名古屋と福岡に拠点があります。

提供しているサービスは、税務顧問としての仕事はもちろんのこと、顧問先のお金の流れに関しても目を光らせています。1~2年先の資金繰りを予測して、「売上を上げましょう」「人材を獲得しましょう」と、税務以外のアドバイスもしていきます。そうした経営者の幅広い相談に対応するために大切なことは、幅広く基本的な知識を身につけ、初動を間違えないようにすることだと考えています。

―知識向上のために事務所で取り組んでいることはありますか。

定期的に勉強会を開催し、ストックオプションやエクイティファイナンス、経営戦略などについて勉強しています。
また、実践から学ぶことも心がけています。たとえば、セミナーのランディングページはスタッフが制作しており、SNS広告の運用もしています。外注すれば簡単に作れますが、顧問先の相談に何でも答えられるようにしたいので、自ら手を動かし実践の中で学ぶ機会を増やしています。ちなみに、事務所移転の引っ越し作業も、トラックの運転以外は、自分たちで行いました。実際に関わってみることで、さきほど申し上げた「初動を間違えないコンサルティング」ができると考えています。

―若い経営者ニーズを掴んで、顧客拡大に成功していますが、顧問先はアーリーステージの企業が多いのでしょうか。

若い経営者が多いですが、アーリーステージの企業が多いわけではありません。創業2代目、3代目の若社長もいます。そういう歴史ある企業は、先代の社長が選んだ税理士に見てもらっていることが多く、その税理士が事業承継できないなどの理由があると、新しい税理士事務所を探すことになります。そのタイミングで、私どもと顧問契約していただくことが多いです。

 


経営者の悩み「資金調達」テーマにセミナー開催


―資金調達コンサルティングを積極的に手掛けていますね。

世の中には資金調達に頭を抱えている経営者が多く、「その人たちを助けたい」という思いがあります。税理士はもっと社会貢献すべきだという考えも背景にあります。それにしても、税務申告は完璧に仕事してあたりまえですが、資金調達は諦めていたお客さんから感謝される仕事。そこにやり甲斐を感じています。

―資金調達セミナーを毎月かなり開催していますね。

お客様との接点として、月に15回~20回ほど開催しています。実は、私が手掛けている業務ほとんどが資金調達支援です。全国の中小企業の資金調達の支援に全力を注いでいます。

(インタビューする宮口編集長)

―会計事務所が手掛ける資金調達セミナーというと、どのような内容になるのでしょうか。

セミナーでは、資金繰りの大切さ、金融機関との関係構築の方法などを具体的にお話しています。セミナーを受講された方の中から、私達の支援が必要な方について支援を行っています。

支援の際には、まず経営者からどんなビジネスをやっているのかヒアリングをします。これが事業計画の基礎となります。そこから、2時間ほどかけて経営者自らに頭をひねってもらい、5年分の事業計画書を作成します。損益計算書と資金繰り表の2つが完成したら、銀行が見やすいように仕上げます。ここまで真剣に取り組んだ経営者は「〇年△月に計上されているこの広告費は何ですか」と聞くと直ぐに応えられるようになります。

―損益計算書と資金繰り表を作成することが重要だと・・・。

中小企業の経営者は借り入れ先のことばかり考えていますが、「どれくらい借りられると思いますか」と聞くと、ほとんどの人が答えられません。私の考えでは、借りられる金額の最大値はその人が返せる金額です。もちろん、最大値まで借りることが良いとは思いません。とはいえ、適切な借入水準というものはゼロと最大値の間のどこかにあるわけですから、最大値を知ることは重要です。「借りられる最大値」=「返せる最大値」ですから、もし経営者から「借りられる金額っていくらですか?」と聞かれても、それは経営者しか答えられません。それぞれのビジネスによってどれだけ返済できるかは違うはずですので。そうすると、返せる金額をどう証明するのかが重要で、だからこそ事業計画書と資金繰り表が必要になるのです。

そうやって具体的な資料を作成して、それを基に銀行に提出します。私達がお手伝いしている融資支援は、無担保、経営者保証無し、低金利という特別な制度を利用しています。将来の計画性をしっかりとアピールすれば、そういう条件お金を借りられます。そうした借入れも国も後押ししてくれていますので、制度を積極的に利用していくために準備を整えるということです。

―参加される経営者はどのような方が多いですか。

興味を持って参加される経営者はまず、初めて金融機関から借り入れようとしている経営者です。次いで、自分も奥様も保証人で、実家が担保に入っている、そんな中小企業の経営者も多いです。そのような経営者は私の話しを聞くと、「え!無担保?経営者保証無し?低金利?」と驚かれ、「それに変えたい」と言われます。

―セミナーを成功させる秘訣は何ですか。

営業目標を掲げることです。KPIを設定しており、セミナー集客人数や初回面談の申込数などを毎週改善しています。

 

1 2
ページ先頭へ