国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

RPA基礎知識① RPAとは何か?その特徴とRPAが使える業務を紹介

近ごろ士業業界でも注目を浴び始めた“RPA”について、言葉を聞いたことはあっても詳細について知らない方も多いと思います。本記事ではRPAの特徴とRPAが使える業務をご紹介いたします。

RPAとはパソコン業務を自動的に行ってくれるロボット

RPAとはRobotic Process Automationの略で、パソコンで人間が行う操作を“ロボット”と呼ばれるソフトウェアが代わりに操作してくれるものです。昨今人口が減少し、それに伴い労働人口も減少の一途をたどっている中、日々発生するパソコンによるルーティン作業や定型業務に多くの人員を割いている企業も多いかと思います。RPAに任せられる業務は任せ、人間は人間にしかできない仕事をすることがRPA導入の目的の一つでもあります。

RPAの効果を測る際に、〇時間の業務削減に成功、従業員〇人分の業務量をロボットが作業、など数字を前面に出した例がありますが、本来は削減できた時間を活かして人間が何を行うことができたか、というのが大切な考え方です。たとえば、新しいサービスの企画を1つ考えた、残業が減って家族と過ごす時間が増えた、朝の時間を活用するためにオンライン英会話を始めた、など「RPAを導入したから人間の生活がどう変わったか」に目を向けて導入効果を測定する方法もあります。
RPAは、ロボットに記憶させた業務をミスなく作業してくれるので、従業員教育のコストを削減することもできます。せっかく採用できた従業員でも、仕事を教えてやっと手離れし慣れてきたところで会社を辞めてしまう、ということもゼロではありません。その点RPAが退職することはないので、一度覚えさせた業務は一連の作業が終わるまで止まることなく作業してくれます。

RPAで自動化できる業務

次に、RPAを利用することでどんな業務を自動化できるのか説明します。RPAでロボットが作業できるかできないかの判断は大きく2つに分けられます。

・パソコン上で行える業務か
・人間が頭で判断することはないか

まず、パソコン上で行える業務かどうかについては、RPAはパソコン上で働いてくれるソフトウェアです。パソコン上で行えば、各種SFAや会計ソフトやクラウドストレージやグループウエアなどと連携してツールをまたいでの作業が可能となります。

次に、人間が頭で判断することはないかについては、RPAは自分で学習する能力は持っておらず、愚直に決められた作業をこなすのが特徴なので、イレギュラーな事態が発生した際は対処することができません

たとえば、受信したメールの内容を別のシステムやExelに転記する作業の際、決められた項目を転記するようにロボットを作成していても、項目に空白がありロボットが転記できず止まってしまう、ということがあります。また、あるアイコンをクリックするように記憶させていたアイコンと現在のアイコンが異なっており、ロボットが認識できずに止まってしまう、ということもあります。
人間であれば空白の項目は無視して次の項目に進めばいいですし、アイコンが変わっていても同じシステムだという認識はできるのでクリックできますが、ロボットにおいては難しい作業です。

次回は、RPAの市場規模についてご紹介します。

<関連記事>

RPA基礎知識② RPAの市場規模は年々増加傾向になる一方、生産年齢人口は減少中

RPA基礎知識③ RPAにどうやって業務を覚えさせるのか?

■問い合わせ先
スターティアレイズ株式会社

〒163-0919 東京都新宿区西新宿2丁目3−1 新宿モノリスビル19F
TEL:03-6316-1485 HP:https://reiworq.com/
MAIL:info@reiworq.com

ページ先頭へ