国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

【DVD2】実例公開!! 「財務と融資」で顧問料をアップさせる秘訣

経営革新等支援機関の認定税理士にとって、中小企業への経営改善計画書の策定という認定支援業務は、今までの会計事務所のビジネスを転換させる絶好の転機です。武器となるのは、「融資と財務」を切り口とした営業活動です。具体的な認定支援ビジネスを進める上で欠かせないこの“2大要素"をどう取り込んでいけばいいのかについて、顧問料アップや新規の顧客獲得に結びついた事例をもとに、徹底解説しました。

実例公開!! 「財務と融資」で顧問料をアップさせる秘訣

[タイトル] 実例公開!! 「財務と融資」で顧問料をアップさせる秘訣

[内容]
経営革新等支援機関の認定税理士にとって、中小企業への経営改善計画書の策定という認定支援業務は、今までの会計事務所のビジネスを転換させる絶好の転機です。武器となるのは、「融資と財務」を切り口とした営業活動です。具体的な認定支援ビジネスを進める上で欠かせないこの“2大要素”をどう取り込んでいけばいいのかについて、顧問料アップや新規の顧客獲得に結びついた事例をもとに、徹底解説しました。
税理士らの認定支援機関にとっては、経営改善計画の策定支援業務の目玉とされる「経営改善計画とモニタリングの助成金制度」の恒久化は、までに“追い風”となります。顧問先企業を中心とした経営改善計画書策定支援を積極的に展開する税理士らにとって、仕事の幅を拡げる大きなチャンスになるに違いありません。

[収録内容]
1. 経営者が会計事務所に抱く不満とは
2. 「財務・融資」は他社差別化への切り札になる
3. 財務を切り口に売上アップの事例
4. 財務を切り口に顧問先獲得した事例
5. 他では聞けない銀行融資の“ツボ”
(1) 運転資金の種類を理解する「お金には色があります」
(2) 銀行はどのように資金使途を捉えているのか?
(3)「返済原資」を捉えるに最適なのは「資金繰り表」
(4) 中小企業の資金需要発生パターン
(5) 運転資金の算出方法
(6) 運転資金、設備資金、季節資金の資金サイクルイメージ
(7) 運転資金の種類と返済原資
(※このディスクにはセミナ-レジュメおよび「経営改善計画書」の資料がPDFファイルで納められていますので、パソコンを使用してご覧頂けます)。

[収録時間] 約120分

[価格] 10,000円(税抜き)送料込

[出演者]  徳永 貴則 (株)スペースワン代表取締役、金融税理士アドバイザー協議会 代表

[プロフィール]
1972年生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、1996年に大和銀行(現りそな銀行)に入行。10年ほどの銀行員時代では、法人新規開拓を主に行い、融資部での本部審査経験もある。
財務コンサル会社に転じ、その後、(株)スペースワンを立ち上げ独立。教科書的なコンサルではなく、個社の事情に応じた実践的なコンサルに定評がある。

多 くの銀行融資コンサルティングのみならず、事業再生や経営改善のアドバイスを行っている。金融税理士アドバイザー講座の専任講師を務め、民間シンクタン ク、保険会社等からの講演も多数行っている。おもな著書に「リスケの出口戦略が見つかる! 資金繰りと銀行交渉のすべて」(同友館)がある。

 

ページ先頭へ