国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

社員が幸せに感じる会計事務所のつくり方

注目キーワード

【1月28日(火) 開催無料セミナー】WinActor(王者)とRobo-Pat(挑戦者)2つのRPAツールを徹底比較!

RPAの導入支援・コンサルティングを行うスターティアレイズ株式会社(東京・新宿区、代表取締役社長 古川征且 以下「スターティアレイズ」)では、自社取扱RPAツールであるWinActorとRobo-Patの比較を解説するセミナーを開催いたします。複数のツールを取り扱うスターティアレイズならではの視点でそれぞれの特徴や選ばれる理由をお伝えいたします。

セミナーへのお申込みはこちら

それぞれのツールのゴールは同じですが、ゴールまでの過程が異なります

2019年がRPA導入元年

人手不足や過重労働といった社会課題を解決する手段として注目を集めるRPA(ロボットによるパソコン業務の自動化)。最近の調査では国内企業の3割超が導入しているという結果も出ています。
そんな中、金融業や製造業、大手企業での導入効果をうけて、様々な業界、中堅・中小企業でも導入検討が進み始めています。

 

どのツールでも目指すゴールは同じ

RPAという言葉はかなり世に浸透してきました。一方で、AIと混同していたり、何ができるの?までは知らないという方がまだまだ多いのが実情です。日本だけでも様々なRPAツールが出回っていますが、正直やれることはどのツールもさほど差はありません。

どのツールを使っても目指すゴールは同じです。

では、ユーザーは何を基準にツール選びをするべきなのでしょうか?

 

WinActorとRobo-Pat

3500社以上に導入され、国内シェアNo1の座を譲らない絶対王者WinActor(ウィンアクター)。その王者へ真っ向から挑戦する新興勢力Robo-Pat(ロボパット)。それぞれにお客様から選ばれる理由があり、合う、合わないがあります。好みも分かれます。

あなたの会社に本当にマッチするのはどちらでしょうか?

 

2つのツールを徹底比較

本セミナーでは、両ツールの導入支援コンサルティングを行っているコンサルタントから、WinActorとRobo-Patそれぞれの特徴、選ばれる理由、選ばれない理由、導入後のユーザーのホンネ、ツールベンダーのホンネ等、導入検討時に押さえておきたいポイントを整理しながら、このセミナーでしか聞けない話を中心にお伝えします。

こんな方にオススメ

・現場で使えるRPAツールをお探しの方
・RPAツールを比較検討中の方
・中小企業にお勤めで、業務改善に関心の高い方

セミナー概要

RPAツール徹底比較!WinActor(王者)とRobo-Pat(挑戦者)、それぞれが選ばれる本当の理由とは!?

日時:2020年1月28日(火)15:30~17:00(受付15:10~)
会場:スターティアレイズ株式会社 本社 セミナールーム
住所:東京都新宿区西新宿2-3-1新宿モノリス19F
定員:20名
受講料:無料
持ち物:お名刺1枚
※お名刺もしくは身分を証明できるものがない場合、ご参加をお断りする場合がございます

主催 スターティアレイズ株式会社

※プログラムは、都合により予告無く変更する場合がございます。
※ユーザー企業様向けのセミナーの為、同業者様のご参加はお断りさせていただきます。

セミナープログラム

15:10-15:30 受付
15:30-17:00 WinActorとロボパットの製品徹底比較
17:00 終了予定

講師:
スターティアレイズ株式会社
業務自動化ソリューション部 マネージャー
鈴木 健太

セミナーへのお申込みはこちら

講師紹介

スターティアレイズ株式会社
業務自動化ソリューション部
テクニカルコンサルティンググループ
マネージャー 鈴木 健太


(経歴)
2003年スターティアに営業として入社。2005年ネットワークエンジニアに転身し、エンジニア部隊を立ち上げ。セキュリティ製品、NW機器選定やサービス企画等を行いつつ、NWの設計から構築まで携わり、NWセキュリティ関連のエバンジェリストとしても活躍。
現在は業務自動化ソリューション部でRPAコンサルタントに従事する傍ら、新しいビジネスの企画を行っている。

お問合せ先

スターティアレイズ株式会社
〒163-0919 東京都新宿区西新宿2丁目3−1 新宿モノリスビル19F
TEL:03-6316-1485 HP:https://reiworq.com/
MAIL:info@reiworq.com
ページ先頭へ