国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

「鬼滅の刃」制作会社 意図的に売上げ隠す脱税にマル査の“刃”  脱税は申告漏れとは違い悪質犯罪

大ヒットアニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」などを手掛けるアニメ制作会社「ユーフォーテーブル」(東京・中野区)と近藤光社長(50)が、脱税したとして東京国税局が東京地検に告発していたことが分かった。通販サイト「ZOZO」の創業者で実業家の前澤友作氏が申告漏れでマスコミに大きく取り上げられたが、「脱税」と「申告漏れ」では比較にならないほど違う。脱税は犯罪だ。「節税」「申告漏れ」「脱税」と内容が全く違うだけに、ニュースを見たら、真実の目をもって内容を理解したい。

同社と近藤社長は、法人税と消費税の計約1億3900万円を脱税していた模様。東京国税局査察部が脱税容疑で東京地検に告発していた。

同社は、東京や大阪など全国でアニメキャラクターを売りにした飲食店を展開。近藤社長は、都内など一部店舗の売上金の3~5割程度を圧縮する形で、毎月1億円から2億円ほどを抜き、金融機関を介さず、現金のまま自宅金庫に保管。15、17~18年分の所得計約4億4600万円を隠し、法人税約1億1千万円と消費税約2900万円を脱税したとされる。

帳簿の改ざんに関しては、近藤社長が経理担当者の妻に指示していた。

近藤社長はマスコミに対して、代理人弁護士を通じ、「ファンの皆さまをはじめ、関係者に心よりおわび申し上げます。持続可能なより良い作品作りに向けた制作環境の整備に向け、法令を順守し、経営の適正化に努めて参ります」とコメント。既に修正申告し、全額を納付したという。

会社はアニメだけでなくショップ経営も

若い方なら知らない方はいないだろうが、年配の読者のために、脱税の前に「鬼滅の刃」について簡単に説明させていただきたい。「鬼滅の刃」は16年2月から今年5月まで少年ジャンプに連載され、19年からアニメ化され、第1巻のDVDはオリコン1位になった。少年ジャンプでの連載は20年5月18日発売号で最終回を迎え、6月5日現在、コミック20巻まで販売されている。

同社ホームページなどによると、同社は00年に設立。「鬼滅の刃」や「テイルズ オブ」シリーズ、「Fate」シリーズなどの人気アニメを手掛けるほか、国内5都市と韓国でカフェやレストランを運営している。09年から18年にかけ、徳島県で開催されたアニメ・ゲームイベント「マチ★アソビ」をプロデュースし、同年10月の3日間で全国から約7万1千人が来場した。

1 2 3
ページ先頭へ