国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

ご存知ですか?公認会計士の業務委託あれこれ

現在、社会全体で働き方が多様化しています。新型コロナウイルスの感染拡大により、その傾向はさらに強まっているといえるでしょう。もちろん公認会計士も例外ではなく、正社員などの正規雇用から業務委託へと働き方を変えるケースも増えています。

昨今の状況において、公認会計士が業務委託で働くとはどのようなことなのか、気になっている方が増えているようです。正社員と比べて、業務内容はどう異なるのでしょう。年収は?現在よりも高い報酬を得ることはできるのでしょうか。現在のトレンド”業務委託”について、気になるポイントをご紹介します。

 

1. そもそも、業務委託とは?

業務委託について話を進める前に、同じように解釈をされることが多いフリーランスとの違いについて整理しておきましょう。端的に言えば、フリーランスとは個人事業主を指し、業務委託は案件ごとに依頼主(企業)と契約を結ぶ契約方法を指します。つまり、フリーランスは働く方法であるのに対して、業務委託は契約方法です。フリーランスが業務委託で業務を請け負うこともあれば、正社員として働きながら副業として業務委託で案件を請けるという場合もあります。「ギグワーク」という言葉もよく耳にするようになってきましたよね。

 

2. なぜ、業務委託なのか

公認会計士はキャリアの幅が広く、取得した資格を最大限に活かしたいという方が多いのではないでしょうか。その中の選択肢として現在増加しているのが業務委託という働き方。業務委託の中で最も多いのは、監査法人で非常勤として働くケースです。それ以外にもプロジェクト単位で関わったり、業務の一部を請け負ったりすれば、事前に業務量が把握できるため残業や休日出勤に苦しむこともありません。ワークライフバランスを保ちながら効率よく収入を得ることができる点が業務委託で働く一番のメリットといえます。

また、先述の通り自分の得意分野をさらに磨きたい、得意分野で稼ぎたいという方にもおすすめできるのが業務委託です。近年、一般企業におけるM&A、事業承継、IPOに関わる内部支援なども増加傾向にあります。正社員を1名採用するよりも、業務委託で専門人材に業務を依頼する方が専門性・人件費ともに効率が良く、監査法人でスポット案件に携わっていたという会計士は特に採用されやすいです。

 

3. 「公認会計士×業務委託」役立つスキルとは?

ワークライフバランスがとれて、さらには自分の得意分野を活かせる業務委託。しかし、誰もが十分な収入を得られるとは限りません。公認会計士が業務委託で活躍するために役立つ経験には、次のようなものがあります。

・監査法人での現場主査(インチャージ)
・上場企業以外(成長企業や中小企業のクライアント)の担当
M&A、事業承継、IPOなどのスポット対応

この3つの中でも、業務委託で活躍するなら特に有利となるのは現場主査(インチャージ)の経験です。監査法人に入所して4~5年目なら、一通りの経験があります。業務委託に移行しても満足できる時給や日給で、希望するポジションに就ける機会も多くなるのです。

上場企業・大企業の監査だけでなく中小企業のクライアントも担当したという経験は、中堅・中小監査法人で即戦力となることはもちろん、成長企業における管理部門の内部統制構築支援などに役立ちます。また、監査法人での非常勤業務は繁忙期に仕事が集中するため、仕事の幅を広げることも必要です。その点、M&A、事業承継、IPO案件に関わった経験があれば、企業支援という道も開けます。このようなプロジェクトにはゴールがあるため、正社員での人材を確保すると人件費が嵩んでしまうため、業務委託で知見のある人材を採用する場合が多いのです。

ただし、どの求人も一般に公開されているものはごくわずか。流動的で、いつ、どこで募集が出るか把握しにくいことが難点です。特に閑散期には、業務委託同士で少ない募集を取り合うことになってしまいます。発生ベースで仕事を得るためには、エージェントやマッチングサイトへの登録がカギです。REXプロコネでは、いままでのご経験やスキル、ご希望の業務などに基づいて求人をご紹介できるため、ぜひご登録をおすすめします。

 

4. 公認会計士の業務委託リアル 報酬の目安

最後に、公認会計士が業務委託になった場合に報酬の目安をご紹介します。

〈報酬の相場〉
・日当:5万円前後
・時給:約5~6千円

もちろん、案件ごとによって差はありますが、時給に換算すると正社員で監査法人に勤務するより2倍程度高くなります。

監査法人の非常勤求人の場合、特徴的なのが大手監査法人よりも中堅・中小監査法人の方が時給が高い傾向にある点です。時給の差が、1~2千円程度出ることも珍しくありません。

その理由は、BIG4など大手監査法人の場合、大きな判断や責任の生じない突合作業が多いことです。また、仕事量に比例して業務委託の人数も多いため、単価が低くなりやすいのです。メリットとしては、大手クライアントを担当できることが多いため、そのネームバリューを得ることができます。

一方、中堅・中小監査法人の場合は、内部の社員では対応しきれない分の業務や、難易度の高い案件の担当となる場合も多いため、単価が高くなります。やりがいを求める方にはこちらもおすすめです。

先ほども触れたように、一般事業会社での業務委託はM&AやIPO関連の業務が多くなります。しかし、その企業の規模、形態、フェーズなどによる差は大きく、案件の詳細を確認する必要があるといえるでしょう。さらに、初めて公認会計士を業務委託で採用する企業の場合、何を任せていいのか分かっていないケースもあります。お互いの齟齬を無くすためにも、事前に企業の概要や社風の把握は必須ですが、数回の面接や評判だけで判断するのは簡単ではありません。

この、内情を知るために有効なのが「紹介」を利用することです。知人からの紹介、エージェントからの紹介など手法は様々あります。REXプロコネでも、企業の状況や風土など、外部に出にくい情報を客観的な視点でお伝えしているため、情報収集の間口を広げたい方はぜひご活用ください。

 

REXプロコネはこちら

REXプロコネへのお問い合わせはこちら


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ