国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

2020年路線価 コロナ禍の影響前は前年比1.6%上昇 上昇基調は地方都市にも波及

国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる2020年分の路線価(1月1日時点)を発表した。全国約32万地点の標準宅地は19年比で1.6%上昇。再開発やインバウンドの効果で、大都市圏の上昇基調が地方都市にも拡大した格好だ。ただ、今年はコロナ禍の影響で、地価が大幅に下落する可能性があることから、国税庁では、地価調査などを踏まえ10月以降、路線価の減額修正を含む対応の要否を検討する。

今年も全国で最も高かった東京・銀座の鳩居堂前。

2020年分の路線価(1月1日時点)は、全国平均で前年比1.6%上昇し、19年の同1.3%上昇から伸び率が拡大した。前年比での上昇は5年連続。

47都道府県のうち、前年より平均路線価が上昇したのは21都道府県で、昨年の19都道府県から増えた。上昇率は沖縄が最も高く、前年の8.3%から10.3%に上げ幅が拡大。続いて東京が5.0%、宮城、福岡が4.8%、北海道が3.7%だった。26県は下落したが、19年の27県から減少し、うち19県は下げ幅が小さくなった。横ばいはなかった。

全国で最も高かったのは、東京・中央区銀座5丁目の中央通りの文具店「鳩居堂(きゅうきょどう)」前が、1㎡あたりが4592万円で、35年連続で日本一となり、去年に続いて過去最高額を更新した。ただ、上昇率は0.7%と高止まりの傾向が続いている。

最高額が上昇した都道府県庁所在地は、前年の33地点から38地点に増加。このうち、那覇は40.8%、大阪は35%、横浜は34.5%、奈良は21.2%と、4都市で20%を超える高い上昇率になっている。上昇率が特出しているのが宇都宮で、駅前の再開発が影響し前年の2.0%から13.7%に上昇している。横浜もJR横浜駅の開発などが影響し、前年の13.3%から34.5%と大幅に上昇した。

なお、都内で上昇率が最も高かったのは、台東区浅草1丁目の雷門通りで、403万円と去年に比べて33.9%上昇。外国人観光客の増加が路線価を押し上げる大きな理由とっている。

鳥取は前年の下落から横ばい。全国で唯一下落したのは茨木県の水戸だ。

コロナ禍の修正は10月予定

ところで、路線価はその年の1月1日時点の評価であるため、コロナ禍の影響に関しては反映されていない。そこで国税庁は、今年はコロナ禍の影響で地価が大幅に下落して路線価が地価を上回った場合などには、対象とする地域を決めたうえで、路線価の補正率などを定めることを検討している。補正率については、独自に外部業者に土地の評価を委託して調査を実施するほか、国土交通省が四半期ごとに出している「地価LOOKレポート」などの動向などを踏まえながら補正し、10月以降にも発表する。

(著者関連記事)

【コラム】コロナ禍の影響が土地価格にも!? 国が公表する「公示地価」「路線価」「基準地価」って何が違うの・・・

2019年路線価 全国平均で4年連続上昇  地方都市も回復傾向に

2018路線価 全国平均で3年連続上昇も二極化鮮明に

【コラム】ZOZO創業者前澤友作氏 コロナ禍での追徴課税報道の陰に国税関連者の匂いが・・・

ストライク 「事業承継型M&A」のWebセミナー開催 吉野家ホールディングの安部会長が登壇

定期同額役員給与  コロナの影響で期中に一度下げたら元に戻すのはNG

「鬼滅の刃」制作会社 意図的に売上げ隠す脱税にマル査の“刃”  脱税は申告漏れとは違い悪質犯罪


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

著者: 宮口貴志

KaikeiZine編集長

税金の専門紙「納税通信」、税理士業界紙「税理士新聞」の元編集長。現在は一般社団法人租税調査研究会の事務局長であり、会計事務所ウオッチャー、TAXジャーナリストとして活動。㈱ZEIKENメディアプラス代表取締役社長。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ