国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • 税金・会計ニュース
  • 【コラム】コロナ禍の影響が土地価格にも!? 国が公表する「公示地価」「路線価」「基準地価」って何が違うの・・・

【コラム】コロナ禍の影響が土地価格にも!? 国が公表する「公示地価」「路線価」「基準地価」って何が違うの・・・

新型コロナウイルス感染拡大の影響が、住宅市場にも影響がおよびはじめている。新築マンションを中心に下落するのではないかと予想されているが、7月1日に国税庁から公表された2020年路線価は、下がるどころか高くなっている。また、今年3月18日に国道交通省が発表した公示地価も昨年より高い。不動産の購入を考えていた人にとっては、「一体、何を目安に買えばよいのか」と迷うところだが、路線価?公示地価?・・・土地価格に違いはあるのか?

都市部ではこれまで、住宅価格は新築マンションがけん引するかたちで、中古マンション、戸建住宅の価格を上昇させてきた。ところが今年は、コロナ禍の影響で消費者の買い控えが広がりつつあり、新築マンションを中心に高騰してきた住宅価格は一時の勢いはなくなっている。住宅価格が下がれば、これから買う人にとってうれしい話だが、国税庁が7月1日に公表した路線価は5年連続上昇傾向だ。また、3月18日に国土交通省から発表された公示地価も昨年より上がっている。

今買った方が得なのか、もう少し待った方が得なのか、住宅購入を考えていた人にとっては思案のしどころだが、路線価、公示地価など、住宅購入を考える人は何を参考にしたら良いのだろうか。そもそも、路線価、公示地価の違いは何だろうか。

実は、国内の土地評価の指標には、公示地価、路線価の他にも基準地価がある。さらに、民間の不動産取引においては、実勢価格という指標もある。何がどう違うのか、説明できる人も少ない。

1 2
ページ先頭へ