国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ビジネスマーケット
  • 【企画特集】アーリーステージ・中小企業のためのお金で得する経営術  第18回 家賃支援給付金 ポータルサイトで申請受付開始 中小企業なら最大600万円給付

【企画特集】アーリーステージ・中小企業のためのお金で得する経営術  第18回 家賃支援給付金 ポータルサイトで申請受付開始 中小企業なら最大600万円給付

経済産業省は7月14日、「家賃支援給付金」の受付申請のためのポータルサイトを開設した。中小企業や個人事業者等が対象で、いくつかの条件をクリアすれば、中小企業などの法人には最大600万円を給付する。給付金の申請の期間は2021年1月15日(※電子申請の締め切りは、2021年1月15日の24時)まで。

経済産業省では7月14日、家賃支援給付金の申請受付をネット上で行うためのポータルサイトを開設した。

ポータルサイトでは、申請書類の受付だけでなく、制度内容から給付の流れまで詳しく説明、申請に必要な資料や給付額を算定できるエクセルシートなどもダウンロードできるようになっている。

家賃支援を受けるための要件は、2020年5月から12月において、他人の土地・建物を借りて収益事業を営み、家主に賃料を支払っている中堅・中小企業および個人事業者等で、

  • ・いずれか1カ月の売上高が前年同月比で50%以上減少
  • ・連続する3カ月の売上高が前年同期比で30%以上減少

の上記2つのいずれかに該当するもの。

中堅・中小企業の判定は、

  • ①資本金の額または出資の総額が10 億円未満。
  • ② 資本金の額または出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員数が 2千人以下。

医療法人、農業法人、NPO 法人、社会福祉法人など、会社以外の法人も対象だが、組合もしくはその連合会または一般社団法人については、その直接または間接の構成員たる事業者の3分の2以上が個人または次のいずれかにあてはまる法人であることが必要。

家賃支援給付金では、「持続化給付金」では認められていない「連続する3カ月の売上高が前年同期比で30%以上減少」の要件が加えられ、持続化給付金より拡充されている。もっとも、持続化給付金が「2020年1月~12月」を対象としている一方で、家賃支援給付金は「5月以降」が基準となっているため、この点では要件が厳しい。

給付額は、申請時の直近の家賃(月額)に基づいて算出される給付金の6倍(6カ月分)。

たとえば、法人の場合なら

  • ・月の家賃が75万円までの部分 ⇒ 月の家賃の3分の2
  • ・月の家賃が75万円超の部分 ⇒ 月の家賃の3分の1

個人の場合なら

  • ・月の家賃が37万5千円までの部分 ⇒ 月の家賃の3分の2
  • ・月の家賃が37万5千円を超える部分 ⇒ 月の家賃の3分の1

ただし、法人の場合は月額100万円、個人の場合は月額50万円が上限。

月額の家賃には、「賃料」「共益費」「管理費」も含まれるが、「共益費」「管理費」が賃料に関する契約書と別の契約書に規定されている場合には対象にならない。

また、住居兼事務所の場合には、事業用の地代家賃として税務申告している部分のみが対象となる。

土地や家屋、商業ビルの所有者が、不動産管理会社などから一括借り上げを行い、賃貸人が転貸人として転貸借契約を事業者と締結しているなど、賃貸人ではないケースにおいては、契約内容が「転貸」契約である場合にも、自らの事業のために占有している物件に関する賃貸借契約である限りは、給付対象となる。

なお、給付を受けるための要件に該当しない場合でも、特例で給付の対象になる場合がある。

  • ①確定申告書類の例外(直前の事業年度の確定申告が完了していない場合など)
  • ②創業特例
  • ③合併特例(2020年1月1日から2020年の申請にもちいる売上が減った月・期間までの間に、合併をおこなった法人)
  • ④連結納税特例
  • ⑤罹災(りさい)特例(災害の影響を受けて、本来よりも2019年の売上などが減っており、2018年または2019年に発行された罹災証明書などをもつ法人)
  • ⑥法人成り特例(2020年1月1日から2020年の申請にもちいる売上が減った月・期間までの間に、個人事業者から法人化した法人)
  • ⑦NPO法人や公益法人など特例

以上が、給付特例だが、詳しくは経済産業省ホームページなどに紹介されている家賃支援給付金の「例外」を参照されたい。

なお、経済産業省では、オンライン申請が困難な方に対しては「申請サポート会場」を開設して対応。完全予約制となっており、ポータルサイト及び電話0120-150-413(受付時間:9:00〜18:00 土日・祝日を含む)で受付を行っている。サポート会場の予約は一人90分。

<関連記事>

▶第1回 会社にかかる税金と節税

▶第2回 オーナー社長の負担は法人税、所得税のダブルパンチ

▶第3回 会社にかかる税金を知る ~実際の税金はいくらになるのか・・・~

▶第4回 経営者が検討すべき「節税」と「租税回避」「脱税」は全く違う

▶第5回 最低でも決算3カ月前から節税対策を考えておく理由

▶第6回 中小企業経営者の報酬は高めに設定しておくべき理由

▶第7回 飲食業以外でも消費税の軽減税率が影響

▶第8回 利益を出している法人の節税ならまず経営セーフティ共済を検討すべき理由

▶第9回 社長個人の所得税、住民税を安くする小規模企業共済

▶第10回 社長の老後資金の積立に「つみたてNISA」の活用

▶第11回 新型コロナウイルスで活用したい小規模事業主向け融資

▶第12回 新型コロナ感染症 休業で活用する「雇用調整助成金」 厚労省がさらに制度拡充へ

▶ 第13回 新型コロナ対策「給付金」「補助金」「助成金」の課税問題

▶第14回 政府のコロナ対策資金支援 業種別に利用できる制度が一発で分かる

▶第15回 コロナ対策でテレワーク導入 社員同士のオンライン飲み会にお金を支給したら福利厚生費で処理

▶第16回 コロナ禍の影響で商品が売れ残り 在庫額下げて税金を少なくするポイント

▶第17回 6月12日成立の雇用調整助成金 中小企業は上限1万5千円、適用期限は9月末まで延長

Presented by アルトア株式会社

<概要>
アルトア株式会社 ( Altoa, Inc.、東京千代田区、代表取締役=岡本浩一郎)
会計ソフト『弥生会計』を提供する弥生株式会社の子会社。
会計データとAIを活用した新たな与信モデルを開発し、小規模事業者向けに「アルトア
オンライン融資サービス」を提供する。会計データ提出とインターネット入力で申込み
手続きが完了、保証人・担保なしと、早さと利便性がサービスの特長。


決算支援・資金調達・助成金対応・IPOのプロ人材をスポットで活用してみませんか?
「REXプロコネ」ならプロジェクト単位・繁忙期だけのサポートも可能です。
まずは、無料で資料請求!


最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■運営会社 株式会社レックスアドバイザーズ
https://www.rex-adv.co.jp/
■監修 税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/

ページ先頭へ