国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

弥生21シリーズを11月13日から販売 青色申告特別控除などの法改正に対応

弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏)は、デスクトップアプリケーション「弥生21シリーズ」を、11月13日に発売する。主な特徴は、法令改正への対応と、利用する事業者が更なる業務効率化の促進が図れる点。令和2年分確定申告から適用となる青色申告特別控除の「65万円控除」を受けるためのe-Taxや電子帳簿保存などにも対応している。

「弥生21シリーズ」は、中小企業・事業者の業務効率化をサポートする会計・給与・商取引の業務用ソフトウェア。具体的には、「弥生会計21」「やよいの青色申告21」「やよいの給与計算21」「弥生給与21」「やよいの見積・納品・請求書21」「弥生販売21」「やよいの顧客管理21」からなる。

「やよいの青色申告 21」「弥生会計 21」では、令和2年分の確定申告申告から適用となる青色申告特別控除の改正に伴い、65万円控除を受けるための要件であるe-Tax、電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)などに対応。また、作成した申告データは「確定申告e-Taxモジュール」を使用することで、国税庁のe-Tax ソフトを使わずに直接e-Taxへ送信することができる。

「やよいの給与計算 21」「弥生給与 21」では、令和2年分の年末調整で計算方法が変わる、給与所得控除の見直し、基礎控除の見直し、所得金額調整控除の導入などの法令改正に対応。さらに、年末調整の準備、実施をサポートするため、事業者、会計事務所の双方に向けて特設Webサイトで情報提供を行っていく。

1 2
ページ先頭へ