< 7~9月のM&A金額上位10 >
1  セブン&アイ・ホールディングス、米コンビニ大手のスピードウェイを買収 2.2兆円
2  ソフトバンクグループ、英半導体設計大手アームを米エヌビディアに売却 2兆円
3  ウットラムグループ(シンガポール)、日本ペイントホールディングスを子会社化 1.18兆円
4  武田薬品工業、大衆薬子会社の武田コンシューマーヘルスケアを米投資ファンドに売却 2420億円
5  キリン堂ホールディングス、MBOで株式を非公開化 338億円
6  フェローテックホールディングス、半導体ウエハー製造の中国子会社を現地の地方政府などに譲渡 296億円
7  ティーガイア、携帯電話販売の富士通パーソナルズを子会社化 287億円
8  住友ベークライト、川澄化学工業をTOBで子会社化 257億円
9  アント・キャピタル・パートナーズ、ソフトブレーンをTOBで子会社化 232億円
10  昭和産業、三井物産傘下のサンエイ糖化(愛知県知多市)を子会社化 150億円

10億円超のM&Aはコロナ以前の半分に減少

ただ、「兆円」クラスを除けば、取引金額は全体として小型化の傾向が続く。10億円超のM&Aはコロナ禍以前には月間20件前後あったが、2020年は7月13件、8月11件、9月12件となっている。

とはいうものの、コロナ禍の影響による経営再建や、中小企業の事業承継に応えるべきM&Aニーズは、これから増えることが予想される。現在のM&A件数の減少は、M&A仲介会社の多くが、コロナ禍にM&A案件を仕込んでおくことができず、マッチング件数も増やすことができない状況が続いていたことが原因と考えられる。基本的にM&Aは半年以上かかるため、コロナ禍以前の状況に戻るには、もうしばらく時間が必要だ。

(著者関連記事)

ストライク調べ 2020年上半期M&A件数、コロナ禍でも11年ぶりの高水準  国内小規模案件が中心

“金”取引で消費税の追徴税額40億円 精鋭部隊を設け効果的調査へ 税務署では機能別職員が広域調査

2020年お歳暮商戦スタート 中小企業なら800万円まで損金OK「交際費」⇒「広告宣伝費」にする裏技

2020年お歳暮商戦 個人事業主、フリーランスがお歳暮を送れば経費で落とせるが注意必要

国税庁2020年路線価の“コロナ減額補正”せず 大阪、名古屋などの商業地で15%超の下落も全国的にはまだ影響は小さい

【最新版】税金・社保の扶養範囲で働くためのパート収入を残り3カ月で調整するポイント! 所得税・社会保険にそれぞれ基準 / 年収計算で「交通費」は入れるべきか?

ストライク、11月に税理士向けのM&Aセミナー開催へ

住居確保給付金 新型コロナの影響で申請急増 求職要件が不要で最高9カ月支援

ストライク コロナ禍でM&Aセミナーを従来の3倍に増やす理由とは

2020年秋華賞 JRAが登録馬発表 一口馬主でも税金はこれだけが掛かる

【コラム】税務調査は短期決戦、年内までの3カ月が勝負

ノーベル賞・本庶氏22億円申告漏れ情報は何処から漏れた? 「供託金」の課税リスクを顧問税理士はなぜ指導しない

第26代自民党総裁に菅氏 政策引き継ぎで消費税率据え置き⁉ 2021年4月からの「総額表示」義務付けで消費意欲に黄信号

ストライク調査 コロナ禍のM&A 売り手と買い手で意識格差

安倍総理辞任 消費税をいじると政権は持たなくなるというジンクス!?

【コラム】租税法律主義とは言われるが税務職員が縛られる絶対的な内部文書

相続対策で配偶者居住権が注目されるが・・・ 活用した方がトクか損かの判断ポイント

コロナ禍の経営基盤強化、成長戦略にM&A 元ソニーCEO出井氏が買収企業向けに講演 ~ストライクWEBセミナー

2020年上期M&A  件数は11年ぶりの高水準もコロナ禍の影響で案件小口化

【コラム】財務省 可部国税庁長官は財務事務次官レースで後れをとった!?

国税庁 定期人事異動後のコロナ禍での税務調査はどうなる!?

【コラム】コロナ禍の影響が土地価格にも!? 国が公表する「公示地価」「路線価」「基準地価」って何が違うの・・・

2020年路線価 コロナ禍の影響前は前年比1.6%上昇 上昇基調は地方都市にも波及

2019年路線価 全国平均で4年連続上昇  地方都市も回復傾向に

2018路線価 全国平均で3年連続上昇も二極化鮮明に

【コラム】ZOZO創業者前澤友作氏 コロナ禍での追徴課税報道の陰に国税関連者の匂いが・・・

ストライク 「事業承継型M&A」のWebセミナー開催 吉野家ホールディングの安部会長が登壇

定期同額役員給与  コロナの影響で期中に一度下げたら元に戻すのはNG

「鬼滅の刃」制作会社 意図的に売上げ隠す脱税にマル査の“刃”  脱税は申告漏れとは違い悪質犯罪


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する