新型コロナウイルス感染拡大で経済状況が悪化する中、どう今後の成長戦略を描いていくか、経営者の課題は緊急を要している。こうしたなか、M&A(買収・合併)仲介サービス大手のストライク(東京・千代田区、代表取締役社長=荒井邦彦氏)は2021年1月、中小企業の戦略的M&A活用事例セミナーを開催する。当日は、元警察官という異色の経歴を持つ菓子メーカー社長が講演する。

新型コロナウイルス感染拡大による経済的影響は、2021年以降、2009年の世界同時不況に匹敵する可能性が示唆されているが、経営者としてはどう持ちこたえ、成長戦略を描いていくか頭が痛い問題だ。こうしたなか、戦略的M&Aによる中小企業の成長戦略を提案するのがM&A仲介業者のストライクだ。

2021年1月には中小企業の経営者向けにウェブセミナーを開催。同社の荒井邦彦社長がM&Aを活用した企業規模の拡大や大手企業と提携といった「戦略的M&A」について解説する。

また、群馬県で菓子の製造・販売を手掛ける「旅がらす本舗清月堂」の糸井義一社長が、自社の経営改革について紹介する。糸井社長は、元警察官という異色の経歴の持ち主。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、企業の経営改革への関心が高まっていることに対応する。

M&Aセミナーは、1月14日にライブ配信。1月21日、23日にも録画配信する予定だ。配信時間は1月14日と21日が13時半から15時。1月23日が9時半から11時まで。希望者はストライクのホームページから申し込める(https://www.strike.co.jp/seminar/2021/20210114.html)。

開催日の前日に、セミナーを視聴できるURLが電子メールで送られ、それをクリックすると動画を視聴できる。ウェブセミナーの対象は、企業経営者や経営幹部、経営者の親族など。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます


最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する