国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

酒井克彦の「税金」についての公開雑談~田中角栄と渋沢栄一~

父と金

ところで、田中角栄は、幼い頃、自分の父親が競走馬を育てることに没頭して作った借金60円を払うため、親たちが婚姻をさせる腹積もりのあった家からお金を借り、そのお金を持って列車に乗り、父親のところまで届けたといいます(石原・前掲書8頁)。子供に無心をさせて借金の工面をさせるというのはひどい話ですが、渋沢栄一の若い時分にも、父と金を巡る面白い逸話が残されています。

代官が、農民である渋沢栄一の父に出頭を命じたとき、父親が風邪をひいていたので、17歳の栄一が出頭しました。代官屋敷では、お姫様のお輿入れの御用金を申しつけられたところ、「父の名代で参りましたので」と言って、その命令ににわかには承知しなかったそうです。

「領主は定期的に年貢を取り立てていながらなぜ農民から不時の金まで取り上げるのだろう?」という疑問をして、彼は代官の要求を頑なに拒んだというのです(澁澤秀雄『澁澤榮一』40頁(時事通信2019))。

親戚に無心に行き、工面をして父親を救貧した角栄にしても、父の名代として臨時の負担を必死に断った栄一にしても、若くして金回りの苦い経験を持ち、その後に、国家の財政を左右する大人物になっているのです。

上記のとおり、渋沢栄一は新一万円札の顔になるわけですが、日本の揺籃期を支えた偉大な実業家として、これから再び注目を浴びることになるでしょう。では、近代日本政治史を語るには欠かせない田中角栄が、国会中央広間の4つ目の台座に登る日、あるいは、新紙幣の顔を飾る日は来るのでしょうか。残念ながら、田中金脈問題(早野・前掲書271頁)やロッキード事件(同304頁)を想起せざるを得ない彼には少し難しいかもしれませんね。


バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する


 

【関連記事】

~老化は病気か?アンチエイジングと医療費控除~

~「地金」の売却に係る税負担~

~トイレと税制~

~甲乙という匿名表現とマイナンバーカード~

~納税のための貨幣〔後編〕:偽札と渋沢栄一~

~納税のための貨幣〔前編〕:MMT理論と赤瀬川原平の模造千円札~

~税務大学校の宿泊施設の取組み~

~ジョージ・ハリスンのタックスマンとトランプ大統領のタリフマン~

~信長の茶道具と評価額~

~税務職員への手土産~

~噂話が支える人間社会~

~入管法改正にみる法律番号~

~ジェンダー問題と確定申告書~

著者: 酒井克彦

中央大学法科大学院教授/法学博士

中央大学法科大学院教授。法学博士。現在、税務会計論・租税法などを担当。一般社団法人アコード租税総合研究所 所長、一般社団法人ファルクラム 代表理事。単著に『スタートアップ租税法〔第4版〕』、『クローズアップ保険税務』、『クローズアップ事業承継税制』他5冊のアップシリーズ、『所得税法の論点研究』(財経詳報社)、『裁判例からみる所得税法〔二訂版〕』、『裁判例からみる法人税法〔三訂版〕』、『裁判例からみる税務調査』、『裁判例からみる保険税務』(大蔵財務協会)、『レクチャー租税法解釈入門』(弘文堂)、『プログレッシブ税務会計論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ』(中央経済社)、『アクセス税務通達の読み方』(第一法規)、『キャッチアップ改正相続法の税務』、『キャッチアップ外国人労働者の税務』、『キャッチアップ保険の税務』(ぎょうせい)など。その他、論文多数。
■一般社団法人アコード租税総合研究所
http://accordtax.net/
■一般社団法人ファルクラム(FULCRUM)
http://fulcrumtax.net/

1 2
ページ先頭へ