国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

新たな資金調達のカタチ クラウドファンディングの実情

これまでの資金調達は、銀行やベンチャーキャピタルからの調達、もしくは株式公開(IPO)により、投資家からの調達が中心で大掛かりなイメージがあたったが、近年では、インターネットやSNSの普及が進み、クラウドファンディングという新しい資金調達方法が誕生した。

クラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、インターネット×ソーシャルの概念の浸透とともに、一気に広まった資金調達方法だ。自分が考えたサービスや、地域が抱えている問題などを解決するために、インターネット上で出資を呼びかけ、個人投資家から出資を募るもの。

クラウドファンディングには、主に4つのタイプがある。
(1) 寄付型
出資に対するリターンはなく、全額寄付するもの

(2) 投資型
出資したサービスで得た利益を出資者に分配するもの

(3) 融資型
出資に対して利子を設け、リターンを得るもの

(4) 購入型
出資したサービスや商品をお返しとして得るもの

以上が代表的なタイプだ。

これまで、法人でなければ形にできなかったサービスや製品を、起案者が自身で出資を募ることができるため、ものづくりだけでなく、幅広い分野の産業の活性化にも貢献ができると考えられている。

サービスの運営側も、ベンチャー支援に特化したものや、クリエイティブや現代アート支援など個人の趣味嗜好性に寄せたもの、地方創世など社会問題に特化したものも台頭している。

クラウドファンディングの成功事例

クラウドファンディングは、2000年初めに米国でいくつかのサービスがリリースされた。国内では、「READYFOR」や「CAMPFIRE」というサービスが認知度を上げてきている。
クラウドファンディングでの成功事例を紹介する。

・COOLEST COOLER(アメリカ)
COOLEST COOLERはスピーカーやモバイルの充電器、ミキサーなど、さまざまな機能を搭載したクーラーボックスだ。日本人には、ピンと来ないかもしれないが、アウトドアが好きなアメリカ人に高評価を受け、1328万ドル(約13億円)を集めることに成功している。これまでシンプルなデザインばかりだったクーラーボックスに機能性や見た目のカッコよさを加え、ヴィジュアルを確認できるというインターネットの性質をうまく活用した事例だ。

・7つの習慣ボードゲーム(国内)
スティーブン・R・コヴィーのベストセラー成功哲学『7つの習慣』をボードゲーム化したもので、本のファンをそのまま出資者に取り込んだのがポイント。ビジネスや哲学などの書物は、自己理解にとどまる場合が多いが、習得したものを体現できる、また、ボードゲームにすることにより周囲と共有できるという点も出資者を増やした要因の一つといえる。現在では、企業研修として導入するところもあり、ゲームの枠組みを超えて、ビジネスの「教科書」としても活用されている。
クラウドファンディングを利用すれば、アイデア次第で巨額の出資を受けられるかもしれないのだ。

著者: 租税調査研究会事務局

一般社団法人租税調査研究会

難解な税務処理、複雑な税務調査を国税OB税理士がサポート。各税目のスペシャリストが最新の税務情報による審理、調査対応ノウハウを提供します。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ