国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

管理会計の導入で急成長をサポート 訪問看護ビジネスで必要とされる会計人の役割とは

専門家とのネットワーク構築とシステムのクラウド化

―今後の御社の展開について教えてください。

インキュベクス株式会社 上村隆幸代表取締役

(上村氏)
医療報酬や看護請求業務、決算の流れについて専門教育を提供することとは別の軸で、税理士や公認会計士といった専門家の採用や会計事務所との連携が始まっ ています。訪問看護ステーションを経営する企業や経営者に対して、数字全般をバックアップできる体制がつくられようとしています。
また会計事務所と連携をすることで、訪問看護サービスを利用するユーザーへのサービスラインの増加も期待できます。特に高齢者であれば、看護だけでなく相続や財産といったお金の相談ニーズもあると思います。こうした悩みをすべて解決できるような体制づくりが今現在の当社の動きとなっています。

会計業務に関してはクラウド化も視野に入れています。訪問看護は、その日のうちに訪問スケジュールがめまぐるしく変わるような世界ですから、こうした変化に フレキシブルに対応できるような柔軟性も求められます。拠点が増えればその分システム投資も必要になりますから、クラウド化することで会計処理や経理業務 を一括管理でき、さらなる拠点化、大規模化を実現できると思っています。

(関連記事)会計事務所の未開拓市場 訪問看護業界にビジネスチャンス

著者: 租税調査研究会事務局

一般社団法人租税調査研究会

難解な税務処理、複雑な税務調査を国税OB税理士がサポート。各税目のスペシャリストが最新の税務情報による審理、調査対応ノウハウを提供します。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/

1 2
ページ先頭へ