国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【第1回】2021年度版 中小監査事務所の業界地図(アーク、ひびき、A&Aパートナーズ)

中小監査事務所の業界地図シリーズ。第1回目は中小監査事務所の中でトップクラスの売上を誇る、アーク有限責任監査法人、ひびき監査法人、監査法人A&Aパートナーズの3法人を取り上げます。

中小監査事務所とは

まずは「中小監査事務所」について、説明します。
監査法人は実務上、規模別に分けることが多く、公認会計士・監査審査会の「モニタリングレポート」(*1)や監査人・監査報酬問題研究会の「上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」(*2)でも「大手監査法人」「準大手監査法人」「その他の監査事務所」「中小規模監査事務所」などの区分を設けています。

当記事もこの区分にならい、大手監査法人(*3)及び準大手監査法人(*4)を除く監査事務所を「中小監査事務所」とします。

また「中小監査事務所」のうち、公認会計士協会が公表している「IPO を目指す企業の監査の担い手となる中小監査事務所リスト」(*5)に掲載されており、かつ売上規模5億円以上の監査事務所を分析の対象とします。

以下では、直近の売上順に分析していきます。

1.アーク有限責任監査法人

(1) 基本情報

* 「業務及び財産の状況に関する説明書類」より(*6) 。以下同じ。

(2) 沿革

* 「第39期 業務及び財産の状況に関する説明書類」より引用(*6)

(3) 売上

* 千円単位(切捨)にて表記(以下、特に断りがない限り同)

2020年6月期の業務収入は14億35百万円となり、前期の14億91百万円と比べて56百万円の減収(△3.8%)となっています。

うち、監査業務は13億42百万円となり、前期14億46百万円に対して1億4百万円の減収(△7.2%)となっています。また非監査業務は92百万円となり、前期44百万円に対して47百万円の増収(+107.7%)となっています。

なお、業務収入に占める監査業務の割合は94%となっており(前期は97%)、中小監査事務所の平均値である85~90%(*2)に比べると監査業務の割合が高めと言えます。

(4) クライアント数

① 監査クライアント数

* 「第39期 業務及び財産の状況に関する説明書類」より引用(*6)

② 非監査クライアント数
不明

(5) コメント

アーク有限責任監査法人は2004年設立のアーク監査法人を母体とし、明治監査法人(2016年)、聖橋監査法人(同年)、近畿第一監査法人(2020年)と合併を繰り返して規模を拡大してきた監査法人です。西新宿にある東京本社の他、浜松、札幌及び大阪の計4か所にオフィスを構えています。

2020年6月期の業務収入は14億35百万円であり、中小監査事務所の中で最上位に位置しています。監査クライアントとしては印刷業界大手の大日本印刷、自動車用照明に強みを持つ小糸製作所、および北海道コカ・コーラ・ボトリングなどを抱えています。

提携先のKreston Internationalは、2020年度の国際会計事務所売上ランキングで13位にランクインし(売上高2,408.5百万ドル)(*7)、120か国以上に170の事務所を構え、約2万2千人を雇用しているグローバルな会計事務所です。(*8)

なお直近の株式公開企業に対する監査契約の状況について、2019年及び2020年いずれも新規上場企業は担当していないようです。(*9)

2020年7月に近畿第一監査法人と合併しており、2021年6月期は業務収入、クライアント数等、さらなる成長が見込めるでしょう。

1 2 3
ページ先頭へ