既に相続・事業承継に取り組まれている方はもちろん、これからこの領域への参入を検討・計画されている方、そしてこの領域への参入を今まで検討したこともなかった方も、本セミナーにご参加いただき、ご自身にとってチャンスがありそうか、見極めをしていただきたいと思います。
どなたでもご参加頂ける無料のセミナーですので、是非ご参加ください。

はじめまして。
トリニティ・テクノロジー代表、司法書士の磨和寛です。
私たちは「専門力×人×テクノロジーで、安心のある世界をつくる」というミッションのもと、超高齢社会における資産管理・承継問題の解決に挑戦しています。現在は、高齢者が保有する資産の流動性確保に欠かせない「家族信託」を誰もが当たり前に利用できる世界を目指し、受託者が簡単に信託法上の義務を遂行できるアプリ、「スマート家族信託」の普及を推し進めています。
(2021年10月には、この事業推進のためにジャフコ様をはじめとするVC様、CVC様より6.1億円の資金調達も実施いたしました。)

しかし、どれだけ優秀なシステムを開発しても、問題解決の方法論やプロセス、根拠などを分かりやすく示し、当事者に寄り添う「専門家」の存在が不可欠であると私達は考えております。さらにもう一つ、【多くの方にこの「専門家」としてご活躍いただける環境を整える】ことも、私たちのミッションであると考えています。

今回はこのような「専門家」としてご活躍いただく為に知っていただきたいことをお伝えするセミナーです。生前対策のマーケットは630兆円に上ります。ぜひ、この巨大マーケットを持つ社会課題に、私たちとともに挑戦していただき、多くの安心を人々に届けながら、ご自身の事業の継続・発展を実現していただきたいと思っています。

▼▼セミナー前半

○士業界に押し寄せるテクノロジー(DX)の波
○テック系企業に士業の仕事が奪われている現状(実例紹介)
○それでも士業は消滅しない、その理由とは
○「書類作成」から「コンサル」へのシフト
○労働集約型とコンサルティング型の違い
○家族信託さえも単なる書類作成業務になりつつある
○「点」から「線」への展開(LTV)こそが全てを解決する
○これからの事務所/会社経営に欠かせないLTVの分析・計算方法

▼セミナー後半

○家族信託が生前対策顧客の獲得入口になる(630兆円マーケットの入口)
○暦年贈与なき後の節税対策手法(具体的実例をベースに)
○家族信託の税務否認リスク(総則6項否認の視点から)
○脚光を浴びるM&A前、そしてM&A後の家族信託(具体的実例をベースに)
○財産管理/生前対策もテクノロジーを活用する時代になる
○単なるデジタル化でない本当のDX(デジタル・トランスフォーメーション)の意味
○「点」から「線」への展開における最強ツール「スマート家族信託」
○新しいストックビジネス(継続課金)が続々と生まれる時代
○士業・コンサルにおける新たなストックビジネスの作り方
etc.
※内容は予告なく変更することがあります。

▼開催概要

●タイトル
ここから家族信託第2章がはじまる!「家族信託の顧問」獲得手法徹底解説セミナー
●日時
・2022年1月18日(火) 18時~20時
●会場
・トリニティラボ セミナールーム
(トリニティ・テクノロジー本社5F)
・オンライン受講 (YouTube live)
●定員
・リアル受講:15名
・オンライン受講:300名
(お申込完了順となります)
●受講料
・無料

※詳細は、お申込いただいた方へ3営業日以内にご案内致します。

▼講師

トリニティ代表 磨 和寛 (司法書士)
1979年9月:奄美大島出身の両親の次男として生まれる。
音楽活動に没頭した学生時代を送る。
立教大学法学部卒業。大学卒業後、
人の役に立ちたいと思い法律の勉強に没頭。
2007年:司法書士試験合格、2008年司法書士登録、
2009年:司法書士事務所トリニティオフィス(個人事務所)開設。
2012年:法人化。トリニティでは近年、家族信託に力を入れている。
家族信託サポート件数は業界トップクラス。
さらに、同業他社問わず、年間50回を超える家族信託のセミナーを行い、家族信託の普及に努めている

■お問い合わせ先

ご不明な点などございましたら、トリニティラボ事務局までお問い合わせください。
E-mail:info@trinity-labo.com TEL:03-6268-8882 (平日10:00‐19:00)


個別転職相談(無料)のご予約はこちらから
いつでも簡単に。さらに見やすくなったKaikeiZine公式アプリKaikeiZineアプリ

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する