昨今の確定申告書で、区分欄が目立つようになりました。大半は見過ごしても問題ありませんが、意識しないと控除し忘れるものも。今回は「区分」を徹底解説します。

■確定申告書の「区分」欄が目立つ

確定申告書には、金額記入欄のほか、次のような「区分」欄があります。

【引用元】申告書B【令和3年分以降用】(国税庁)を加工して作成

この欄は以前からありました。令和2年分の確定申告書から急増しています。

【引用元】確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書等(国税庁)より加工して作成

最近の税制改正で、所得税のしくみが大きく変わりました。また、副業の増加で、経済状況も変わっています。区分欄の増加は、これらの影響です。

たいていは、金額さえ正しければ問題ありません。しかし中には、見過ごしてしまうことで控除を受け忘れ、損してしまうものもあります。意識するに越したことはありません。