国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • 税金・会計ニュース
  • freee認定アドバイザー数が3千を突破 記帳業務を圧倒的に効率化する機能『スキャンで経理』の提供を開始

freee認定アドバイザー数が3千を突破 記帳業務を圧倒的に効率化する機能『スキャンで経理』の提供を開始

クラウド会計のfreee株式会社(東京・品川区,代表取締役=佐々木大輔氏、以下 freee)の「freee 認定アドバイザー」が3千を突破した。

freee株式会社

freee 認定アドバイザーは、同社が提供するクラウド会計freeeユーザーを専門家の立場からサポートする制度。税理士や会計事務所及び士業が認定されており、1年で2倍以上に増加している。
同社では、アドバイザーの増加に伴い、サポート体制も大幅に強化。会計事務所に特化した組織であるパートナー事業部の人員強化をはじめ、さまざまなサポートツールの提供も充実させた。
また、新たに福岡支社も開設。大阪に続き、地方のサポート体制の強化にも力を入れている。同社によると、「現在、順次このほかのプロダクトの強化も進めており、記帳代行業務を圧倒的に効率化し、従来の負担を4分1に削減する機能『スキャンで経理』もリリースする」としている。

この詳細は以下より確認頂けます。
https://www.freee.co.jp/news/adbisor3000-0901-5062.html

著者: 租税調査研究会事務局

一般社団法人租税調査研究会

難解な税務処理、複雑な税務調査を国税OB税理士がサポート。各税目のスペシャリストが最新の税務情報による審理、調査対応ノウハウを提供します。
■税と経営の顧問団租税調査研究会
http://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ