家族信託に取り組む専門家の皆様が、いざお客様に提案をする際、
様々な疑問点が生まれると思います。
今回はそんな家族信託の疑問点や懸念ポイントに対し、
法務と税務の両方の観点から解説させていただきます。

TRINITY LABO.代表の梶原隆央(司法書士)です。

税理士、司法書士の先生をはじめ、家族信託に取り組む専門家の皆様が、
いざお客様に提案をする際、様々な疑問点が生まれると思います。

例えば、弊社でも税理士の先生からよく
「信託の受益権は遺留分請求の対象になるのか?」
「相続法適用型の信託か否かで、相続税の取り扱いは異なるのか?」
といった質問をいただきます。

一方、司法書士の視点からは、
「家族信託を活用しても債務控除は確実にできるのか?」
「複層化信託は実務で活用できる?その場合の問題点は?」
といった点が、税理士の先生に確認しておきたいポイントになってくるかと思います。

今回はそのような税理士、司法書士それぞれの立場から「懸念ポイント」となりやすい部分について、
これまで辻・本郷税理士法人で数多くの相続・信託案件に携わり、様々な知見をお持ちの税理士鈴木先生と、
信託組成実績300件を超える弊社代表司法書士 磨より徹底的に解説させていただきます。

家族信託案件に取り組む中で疑問点を抱えている先生や、
これから家族信託案件を始めるにあたり知識を養成したいという先生は、
ぜひこの機会に、税務・法務の両面から家族信託のポイントを押さえていただき、
顧客にとって最適なご提案のためにお役立ていただければと思います。

弊社一同、ご参加をお待ちしております。

本セミナーの内容は以下の通りです。

講師:磨 和寛 氏(司法書士 トリニティ代表)

【司法書士が税理士からよく受ける質問】
・家族信託と遺留分について
・担保付不動産を信託する場合の債務引受について など

講師:鈴木 淳 氏(税理士 辻・本郷税理士法人)

【税理士が司法書士からよく受ける質問】
・信託終了時の債務控除について
・複層化信託は何が問題なのか
・追加信託の留意点
・信託なら認知症になっても不動産投資で相続対策が可能か など

※従前開催したセミナーと同一の内容となります。

▼開催概要

●セミナータイトル
【司法書士・税理士のための家族信託の「懸念ポイント」徹底解説セミナー】
~法務・税務の2つの観点から司法書士、税理士が徹底解説!~

●日時
2022年5月10日(火) 18:00~20:00

●受講方法
オンライン受講(YouTube live)

●定員
300名(お申込完了順となります)

●受講料
無料
※詳細は、お申込いただいた方へ3営業日以内にご案内致します。

▼講師

鈴木 淳 氏
税理士/辻・本郷 税理士法人 相続・資産承継部 民事信託推進室 シニアパートナー

2005年辻・本郷 税理士法人入所。2009年税理士登録。
個人の資産承継・相続対策やオーナー企業の事業承継対策、
民事信託等のコンサルティング業務を中心に、多くの案件に携わり活躍している。

磨 和寛 氏
司法書士/トリニティ代表

2004年立教大学法学部卒業。
卒業後司法書士試験に合格、2008年司法書士登録。
2009年司法書士事務所トリニティオフィス開設。
現在は約80名が在籍するトリニティグループの代表。
2016年より家族信託の領域に本格参入し、
グループとして累計400件近くの家族信託の組成に関与してきた。

▼お問い合わせ先

ご不明な点等ございましたら、TRINITY LABO.事務局までお問い合わせください。

E-mail:info@trinity-labo.com
TEL:03-6268-8882(平日10:00‐19:00)

 


個別転職相談(無料)のご予約はこちらから
いつでも簡単に。さらに見やすくなったKaikeiZine公式アプリKaikeiZineアプリ

最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

 

◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします

メルマガを購読する