租税調査研究会の武田恒男主任研究員が監修・編著している「税務調査最前線 ~改正国税通則法を踏まえて~」が一般財団法人大蔵財務協会より出版されました。

税務調査最前線 改正国税通則法を踏まえて
こちらからご購入できます

改正通則法の施行に伴い、平成25年1月1日以後の税務調査から運用上の取扱いが明確化されて3年が経過しました。企業や企業の顧問税理士も整備された一連の税務調査手続きに戸惑いや税務調査の長期化に対して疑問の声も聞こえてきております。
当局の発表では、平成24事務年度の法人、個人調査の調査件数も大幅に低下したとしています。
税務調査の現場では何が起こっているのか。実地調査の件数が減少している背景には何があるのか。
今後、税務調査に対してどのような対応をするのがベストなのか――本書では、国税当局で調査畑の長い執筆陣がQ&A形式で解説します。

もくじ
第1章 改正国税通則法
第2章 質問検査権
第3章 調査
第4章 調査担当別
第5章 税目別
第6章 勘定科目別
第7章 業種目別
第8章 国際税務
第9章 延納・物納調査
第10章 調査結果に不服があるとき