ITリテラシーとは、IT分野に関する知識や理解力のことです。そのITリテラシーを高めるためには何が必要なのか?またそのメリットなど、基本から解説をします。

リテラシーとは「ある特定の分野に関する知識や理解能力」のことなので、ITリテラシーとは、「IT分野に関する知識や理解能力」となります。

近年は、ITリテラシーの高さは仕事の能力の1つとして判断されます。

では、ITリテラシーを高めるためには何が必要なのでしょうか?

基本的なことから解説していきます。

ITリテラシーが持つ3つの意味とは

ITリテラシーは、ITに関する理解力や、それを適切に活用する能力ともいえます。

そのITリテラシーは、「情報基礎リテラシー」「コンピュータリテラシー」「ネットワークリテラシー」という3つから構成されています。

情報基礎リテラシー

情報基礎リテラシーとは、正しい情報を見抜き、活用する能力のことです。

現在は、インターネットで誰でも簡単に情報の入手や発信ができます。

その上で、たくさんの情報が溢れかえる中から必要な情報を入手し、それが正しい情報なのかを見抜く能力も必要となります。

その正しい情報を、活用したり、発信したりする能力が問われるわけです。

情報基礎リテラシーは、情報社会で生きていく上で普遍的に必要とされる能力なのです。

コンピュータリテラシー

コンピュータリテラシーとは、PCやスマートフォンなどのデバイスを操作する技術や知識のことです。

現代ではほとんどの企業が業務でPCを利用しているので、キーボードやマウスなどの周辺機器や基本的なアプリケーションの使い方などの理解は必要不可欠です。

また、最低限のコンピュータリテラシーは業種によっても異なってきます。

多くの業種では、Word・Excel・PowerPointなどのOfficeツールを操作する能力が最低限必要です。

そこから、プログラマーやシステムエンジニアなどの専門的な職種になると、特定のプログラミング言語を扱える能力が最低限必要とされたりします。

ネットワークリテラシー

ネットワークリテラシーとは、ネットワークやセキュリティに関する技術的な知識を理解する能力のことです。

近年では、インターネットを利用する際の正しい使い方やモラルという意味でも表されます。

また現在は、顧客情報や自社の機密情報を保護することは企業にとってとても重要です。

1人の従業員のネットワークリテラシーが低いと、情報漏洩を起こしてしまう可能性が高まってしまいます。

企業として信頼を損なわないためにも、ネットワークリテラシーを身につけることが必要不可欠です。

従業員が個人でSNSを利用する場合も、投稿で、会社・取引先・顧客などの情報を公にしないようにするなど、トラブルに発展させないためのネットワークリテラシーが求められます。

ITリテラシーを高めるために必要なこと

それでは、ITリテラシーを高めるためにはどうすればよいのでしょうか?

ITリテラシーの高め方を解説します。

ITリテラシーの欠如によるリスクを周知する

ITリテラシーの欠如が生み出すリスクを周知することは、ITリテラシーの向上に役立ちます。

個人情報の漏洩やSNS上の発言に気を付けなければならないことを、日常業務で常に意識しておくよう周知しましょう。

それにより、それぞれの社員が当事者意識を持つことができるでしょう。

ITリテラシーの研修やサポートを実施する

一方で、従業員の意識によって身につけられるITリテラシーには限界があります。

企業全体でITリテラシーに対する高い意識を持ち、従業員に対し、ITリテラシーの研修や教育を行うことが重要です。

ウイルスやサイバー攻撃は日々変化していくので、定期的に研修を行い、最新情報を社内で共有しておくことも大切です。

専門的な部分に関しては、外部講師に研修を依頼するのも効果的な方法になります。

ITツールを使う機会を増やす

ITリテラシーは、実は知識を増やすだけでは身につきません。

従業員が日常的に最新のITツールや情報に触れることも重要です。

習得した知識をもとに、実際にツールを操作したり、そこで実際に正しい情報を選択・活用したりすることにより、ITリテラシーをより高めることができます。

従業員が自らITリテラシーを高めていけるような環境づくりを行いましょう。

ITリテラシー向上がもたらすメリット

ITリテラシーを高めることによって得られるメリットは、非常に大きいものがあります。

社内でITリテラシーを高めることによって、セキュリティ意識が高まり、結果的に企業の信頼性が高まります。

また、ITツールを積極的に活用できるので、業務効率化や生産性の向上にもつながるのです。

セキュリティの強化につながる

繰り返しになりますが、ITリテラシーの向上によりセキュリティ意識も高まります。

それにより、企業の機密情報や個人情報が漏洩するリスクが低下するため、結果として企業の信頼につながります。

セキュリティの強化はリスクを低減する効果だけでなく、企業としてもさまざまなインターネットサービスを安心して導入できるようになるため、生産性の向上にもつながります。

不祥事を未然に防ぐことにつながる

ITリテラシーを高めることで、インターネット利用時の正しい使い方やモラルを身につけられます。

現代では、ほとんどの社員がSNSを利用しているでしょう。

社員がSNS上で過激な発言をしたり、バイトテロのような投稿をしたりした場合には、企業に責任がまわってきます。

このような不祥事により企業が不利益を被らないためにも、社員のITリテラシーを高める必要があります。

DX推進につながる

ITリテラシーを高めることによって、社員はITツールを使いこなせるようになります。

それより、1つの業務にかかる時間を短縮できるため、1人あたりの生産性が向上します。

近年では、ビッグデータの活用も注目されています。

WEB広告からのコンバージョン、自社サイトの閲覧履歴や自社ECサイトでの購入実績など、マーケティングに活用できるデータは日々蓄積されています。

ITリテラシーを高めることにより、データに基づいた施策を行うことができるようになり、それが企業の利益につながるのです。

まとめ

本記事では、ITリテラシーを高めるために必要なことや、ITリテラシーを高めるメリットを解説しました。

ITリテラシーとは、ITに関する理解力やそれを適切に活用する能力のことで、「情報基礎リテラシー」「コンピュータリテラシー」「ネットワークリテラシー」という3つの側面から構成されています。

ITリテラシーを高めるためには、知識習得の機会を設けること、社員が自発的にITリテラシーを高められるような環境づくりを企業内で行うことなどが大切です。

それにより、さらにセキュリティやDX推進も強化できるため、結果として企業の利益につながります。

本記事を読んで、ITリテラシーの重要性を理解いただけると幸いです。


取材記事のお問い合わせはこちらから

◆最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。
 
◆KaikeiZineメルマガのご購読(無料)はこちらから!
おすすめ記事やセミナー情報などお届けします。
メルマガを購読する


 

(関連記事)

ITソリューションというビジネス用語を知っておこう