国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税制改正 「第三のビール」だけでなく「ワイン」も段階的に増税

政府・与党はビール類にかかる酒税を2020年10月から3段階で変更し、2026年10月から統一する方針だ。2017年度税制改正大綱に盛り込むため、与党や業界と調整する。また同時に、日本酒を減税し、ワインを増税する方針だ。

政府・与党は、麦芽比率などによって異なるビール類の酒税について、2020年10月から3段階に変更し、2026年10月に統一することで調整を進めている。ビールが減税となる一方、発泡酒と第三のビールは増税となる。
3段階で税額を変えていくのは、メーカーの商品開発への影響や消費者への周知に配慮したもの。今後、与党税制調査会で調整を進め、2017年度税制改正大綱に盛り込む。
現在、ビール類にかかる税額は、350ミリリットル缶当たり、ビールが77円となっており、発泡酒が47円、第三のビールが28円となっている。これを2020年10月、2023年10月、2026年10月の3段階で変更し、最終的には55円程度に一本化する。
また、麦芽比率や原料などを定めた現在のビールの定義も見直し、果実や香辛料などを使ったものも対象に含めていく。
ビールの定義は現在、酒税法第3条に定められており、「酒類でアルコール分が20度未満」「麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの」「麦芽、ホップ、水及び麦その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が麦芽の重量の百分の五十を超えないものに限る)」とされている。
発泡酒の定義については、同条に「麦芽または麦を原料の一部とした酒類(第七号から前号までに掲げる酒類及び麦芽又は麦を原料の一部としたアルコール含有物を蒸留したものを原料の一部としたものを除く)で発泡性を有するもの(アルコール分が20度未満のものに限る)」とされ、また、いわゆる第3のビールも同条に「その他の醸造酒 穀類、糖類その他の物品を原料として発酵させた酒類(第七号から前号までに掲げる酒類その他政令で定めるものを除く。)でアルコール分が20度未満のもの(エキス分が二度以上のものに限る)」と定義されている
リキュール(発泡酒)も同条に「スピリッツ 第7号から前号までに掲げる酒類以外の酒類でエキス分が2度未満のものをいう」「リキュール 酒類と糖類その他の物品(酒類を含む。)を原料とした酒類でエキス分が2度以上のもの (第7号から第19号までに掲げる酒類、前条第一項に規定する溶解してアルコール分一度以上の飲料 とすることができる粉末状のもの及びその性状がみりんに類似する酒類として政令で定めるものを除く。)」と定義されている。
併せて、他のお酒にかかる酒税も見直す。同じ醸造酒でも日本酒とワインの税額に差があることから、日本酒を減税、ワインを増税する方向で検討している。
現在の酒税は、350ミリリットル換算で日本酒が42円、ワインが28円となっている。これを中間の35円とする方向だ。チューハイやハイボールについても、将来増税する。いずれも現在、350ミリリットルあたり28円の酒税がかけられているが、2026年頃に日本酒やワインと同じ35円程度にする案が出ている。

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
http://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ