国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • おすすめセミナー・書籍
  • 当ニュースメディア「KaikeiZine」編集長も登壇 1日7つ全てのテーマが≪新規獲得≫月額1万円の低価格モデル VS 高単価モデル、2つのモデルの新規開拓方法の違いとは?~銀行・国税OB・税理士紹介・HPを活用した新規獲得成功事例も大公開~

当ニュースメディア「KaikeiZine」編集長も登壇 1日7つ全てのテーマが≪新規獲得≫月額1万円の低価格モデル VS 高単価モデル、2つのモデルの新規開拓方法の違いとは?~銀行・国税OB・税理士紹介・HPを活用した新規獲得成功事例も大公開~

「KaikeiZine」編集長の宮口貴志氏は11月24日、株式会社マネーフォワード主催セミナーで講演した。

当サイト「KaikeiZine」の宮口貴志編集長は11月24日、株式会社マネーフォワード主催セミナーで講演した。当日は、「顧問先が新規顧客を紹介してくれる国税OBの活用法とは?」と題し、当メディアサイトの運営組織である、国税OBで組織された税務のシンクタンク「一般社団法人租税調査研究会」について紹介。最近のトピックスとして、マスコミ報道等で話題になった「東京地裁 税理士の『DES』リスク説明義務めぐり3億円損害賠償命令」に見る会計事務所業務のリスク問題などについて取り上げ、セカンドオピニオンとして国税OBを味方につけることのメリットや、顧客を紹介してもらうノウハウ等について解説するとともに、どんな国税OBと連携するとよいのかについて話をしました。

ほかにも、税理士法人イデアコンサルティング代表社員の伊東大介税理士、株式会社タックスコムの山下健一代表取締役、株式会社WEBマーケティング総合研究所の坂本義和取締役(最高マーケティング責任者)、株式会社スペースワンの徳永貴則代表取締役、税理士法人資産税務相談センターの鈴木新代表税理士が登壇。第七部では、「【顧問先200社以上、年商1億円】付加価値型モデルで年商1億円を実現させるための新規開拓方法と月次サービスとは?」と題し、税理士法人資産税務相談センターの鈴木代表税理士と株式会社タックスコムの山下代表取締役のパネルディスカッションが行われました。出席者からは「どこからが付加価値業務なのか」との質問も上がり、鈴木代表税理士は、経営者は「利益をどう上げるか」「資金繰り」「人材の活用」の3点について特に悩んでいるとした上で、「この悩みに応えていくことが付加価値の高い業務と考えている」と私見を披露しました。

▽次回の株式会社マネーフォワード主催のセミナーは下記より。
【注目勉強会2本だて】最新税理士業界動向と4つのポイント解説/モデル別 7つの経営戦略 成功実例公開
https://biz.moneyforward.com/cpta/seminar/1892/

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
http://zeimusoudan.biz/

ページ先頭へ