名古屋を筆頭に、東京、大阪、静岡、仙台と全国に展開するアタックス税理士法人。同法人に4科目合格で入社後、税理士登録をした若手有望株のYさんに、働き方や働きながらの資格取得などについて伺いました。

この記事の目次

全国に拠点を持ち、中堅中小企業の持続的な成長支援のため、経営・税務・人材育成・営業などをサポートしているアタックスグループ。総従業員数が200人を超える同グループの主軸として、税務顧問から事業承継・財産承継・組織再編までの経営と会計に関わる課題解決をしているのが、アタックス税理士法人です。

今回は、同法人に4科目合格で入社、入社後官報合格して税理士登録をした現在入社3年目の若手有望株、Yさんに話を伺いました。会計業界を目指したきっかけ、働きながら資格取得をした経緯、アタックスでの業務内容や1日のスケジュールについてなど語っていただきました。

会計業界で働こうと思った理由

■会計業界で働くまでの経歴をお聞かせてください。
Y:名古屋経済大学大学院を2020年3月に卒業しました。
その後8月の税理士試験に専念するため、卒業後すぐには就職せず、試験終了後の10月にアタックスに入社しました。

■そもそもなぜ会計業界で働こうと思ったのですか?
Y:高校時代に自分の将来を決める際に、親へ相談をしました。父は税理士事務所を経営しているのですが、そこで初めて父がどのような仕事をしているか知り、魅力的な仕事だと感じたのがきっかけです。

■アタックス税理士法人に入社を決めた理由は?
Y:アタックスが掲げている、「社長の最良の相談相手」という理念に感銘を受けたからです。

入社後について

■現在担当されている業務は?

Y:現在は、上場子会社、中堅中小企業を6社ほど担当しています。法人顧問の担当業務、決算作業、社内向上を図る各種プロジェクトなどを担当させてもらっています。

■入社してからどんな研修を受けましたか?

Y:新入社員研修では、ビジネスマナーや話し方などの社会人としての基本的な研修のほかに、財務分析といった専門的な研修も受けました。またロジカルシンキング研修といって、論理思考で物事を考える方法についても学びました。

■入社してからできるようになったことはありますか?

Y:記帳や申告書作成、株価評価などです。

■ご自身から見て、アタックスの教育環境はどうですか?

Y:充実していると感じます。業界的に、一斉に大勢の方が入社するスタイルではなく、入社時期がバラバラなので、ふつうの会社のように1カ月で全新入社員向けに研修を行う、というスケジュールではありません。それゆえに、定期的に新入社員研修を行っており、さまざまな研修も用意されているため、自分のキャリアを考えて進んでいくための教育材料が揃っています。

■これは良いと思った制度やカルチャーはありますか?

Y:福利厚生が充実しています。部門ごとに1年間で使える予算があり、1回1人8,000円まで会社が負担してくれますので、懇親会などを開催しやすく、社内交流を図れます。あと、1年に1回社員旅行があります。資格手当も充実しており、税理士や中小企業診断士などの資格に応じて手当が支給されます。

あとは、分からないところがあれば気軽に上司などに相談ができるのも良い点です。人として尊敬できる上司や先輩が多く、新入社員で右も左も分からない自分を気にかけてくれる方ばかりでした。入社前は、よくドラマで見る性格の悪いお局さんのような方もいるのかなと思っていたのですが、実際はいませんでした(笑)。

■その他、働いてみてアタックスのどんなところが好きですか?

Y:部署や部門にもよるとは思いますが、自由度の高いところです。アタックス流のフレックスタイム制度があり、始業時間を朝の7時から10時までの間で決めることができ、中抜けも3時間まで可能です。

また、自分自身の能力を向上できるところも魅力の1つです。手を挙げればわりとどのような仕事でもさせてもらえるので、自身の成長を自分で決めていくことができます。アタックスには中途入社の方も多く在籍しており、経験豊富な方が多いため、座学では学べないこともたくさん学ぶことができます。

働き方について

■1日の業務スケジュールについて聞かせてください。

Y:朝は8時に起床し、出社の準備をしつつ家事をします。通勤時間は携帯で動画を見ているか、携帯ゲームをしています。出社したらまずメールを確認し、その後その日の業務を行います。お昼は外で食べることもありますが、基本はコンビニで買って食べることが多いですね。19時半ごろまで仕事をして、明日の業務を確認してから退勤しています。

■退勤時刻はいつもこのくらいですか?また、直属の上司は何時くらいに退勤していますか?

Y:時期にもよりますが、基本的に19時には退勤しています。繁忙期は23時ごろになることもごく稀にあるという感じです。ただし業務に集中し過ぎて、残業が多くなりそうなスタッフには上司が適宜声をかけるので、無理のない働き方ができています。また上司は、21時頃までいる印象です。

■退勤後の過ごし方は?

Y:上司や同僚と飲みに行ったり、友人と遊んだり、家でゴロゴロしたりしています。

働きながらの資格取得について

■入社してから税理士登録したと伺っておりますが、資格取得前の残業時間は?

Y:入社当初は基本的に定時に退社していたため、残業時間は月で約10時間未満でした。

■予備校に通ったり、通信講座を受講したりしていましたか?

Y:入社時には最後の科目の結果待ちでしたので、予備校には通っていませんでした。

■アタックスで働いていたことは、合格にどんな影響がありましたか?

Y:勉強時間を削られるようなことが特になかったというのが、良い影響でしょうか。

■税理士試験勉強中、アタックスの先輩方はどんな反応をしていましたか?

Y:特段いつもと変わらずに接してくれていました。

■資格を取ったあとに変わった点はありますか?

Y:名刺に税理士と記載されるため、より一層の責任感が生まれました。実務経験が3年と少なく、まだまだ知らないこともたくさんありますが、お客様からすれば税理士には変わりがないため、税理士として恥じない行動をしようと思うようになりましたね。

最後に

■アタックスに応募される方へ一言お願いします!

Y:つらい時もありますが、自分自身が成長できる場所であり、楽しく仕事できる職場です。ぜひご応募をお待ちしております。

 

アタックス税理士法人の求人はこちら


【あわせて読みたい】

「税理士を目指し現在勉強中の新卒社員が語る、働きながら資格取得を目指す意義」

「税理士法人で働きながら税理士を目指す院生に聞く。どう学び、働いていますか?」

アタックス税理士法人

●設立
1946年12月 計理士今井冨夫事務所
2002年2月 アタックス税理士法人に改組

●所在地
名古屋事務所
〒450-0002
名古屋市中村区名駅 4-4-10 名古屋クロスコートタワー8F

●会社HP
https://www.attax.co.jp/tax/

KaikeiZineは会計プロフェッショナルの活躍を応援するキャリアマガジンです。インタビューや取材を通じての情報発信をご希望の方はお問合せください。
取材・掲載は無料です。
お問合せはこちら