国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

クラウド名刺管理のSansanが「働き方改革」に関する意識・実態調査

働き方改革の入り口のひとつが“クラウド名刺管理”

「名刺管理」をIT化することで、どれくらいの省力化と生産性の向上が見込まれるのかについて、志賀氏は、生涯で考えたとき43年103.9日、生涯人件費も300万円弱削減でき、実際に名刺管理に費やしている24.6時間がクラウド名刺管理を使えば、5.3時間にまで削減できると指摘。
現状では9割の人が紙で名刺を管理しており、100枚以上の名刺を保有している人は45.8%で、整理すらしていない人は47.7%。個人としても組織としても人脈の資産である名刺が使えない状態になっていると紹介した。
「名刺管理ひとつでさえ、これだけの削減効果が見込めるということは、それ以外の紙ベースの間接業務でも生産性の向上が見込めるのではないか」としている。

調査結果によると、働き方改革に取り組む企業のうち、ITソフトウェアの導入に取り組んだ企業は必ずしも多くはなかったが、働き方改革に取り組んだ企業のうち、約8割に効果を実感されたのは「ITソフトウェアの導入」だった。

(提供:Sansan株式会社)

なお、今回の報告会で、富岡取締役事業部長は「働き方改革の中でもひとつの課題となっている長時間労働の是正は、労働生産性向上に密接に関連している」とした上で、クラウド名刺管理などのシンプルな取り組みが、ひとつのきっかけとして労働生産性を向上し、働き方改革を実現していく糸口になるのではないかと語った。

——-
Sansan株式会社
https://jp.corp-sansan.com/

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

1 2
ページ先頭へ