国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ビジネスマーケット
  • 【BIPA】お客様の困りごとをあらゆるソリューションで解決する~ USEN 服部浩久 常務執行役員 経営企画室長~

【BIPA】お客様の困りごとをあらゆるソリューションで解決する~ USEN 服部浩久 常務執行役員 経営企画室長~

“お店で流すBGM” 等の配信事業から始まった株式会社USEN(東京・港区, 代表取締役社長=田村公正氏 以下、「USEN」)が提供するソリューションは、いまや店舗運用支援サービス「USEN Register(以下、「Uレジ」)」の提供や中小企業向けのICT支援サービス「USEN GATE 02」など多岐にわたる。USENは、店舗経営や中小企業の課題解決にどう貢献していくのか。服部浩久 常務執行役員 経営企画室長に聞いた。

株式会社USEN 常務執行役員 経営企画室長 服部浩久 京都大学工学部物理工学科卒業後、 1998年 株式会社インテリジェンス 入社。2002年人材紹介会社向けコ ンサルティング等を手掛ける株式会 社ブレイン・ラボを設立、代表取締 役(2010年10月 退任)。2010年 11月 株式会社USEN入社 経営企画室 にて経営戦略などを手掛ける。2011年 3月 執行役員、業務推進本部長 2013年12月 より現職。

―「Uレジ」の特徴を教えてください。

服部 多機能なタブレット型のPOSレジを低価格でご利用いただけます。大型チェーン店が導入しているようなPOSシステムの場合、一機導入すると数百万円。居酒屋で店員さんが注文を取る際に使用している端末だけでも、実は15~20万円かかります。当社がメーンターゲットとする1~2店舗を経営するお客様が導入するには、非常に金額的にハードルが高いのです。一方、「Uレジ」は、POSシステムのアプリケーションをインストールした、タブレットを使用するスマートデバイス型で、クラウド上で、売上や情報を管理します。導入費用や維持費が安価であるため、小規模な店舗や飲食店で利用しやすいのです。「Uレジ」では、お店の売上を24時間リアルタイムで集計管理し、月次の売上実績だけではなく、「客単価」「客数」「前年対比」が閲覧できます。メニュー商品を評価軸の高い順で10等分し、顧客の購入比率や売上高構成比を算出する「デシル分析」や売れ筋・死に筋商品を把握できる「ABC分析」、予算実績比較、昨年対比、勤怠管理などが行える機能を標準装備しています。経験測とは違った結果がデータには現れることもありますから、それらを活用しておすすめメニューとして打ち出すだけでも売上げアップにつながります。ほかにも、顧客管理機能や日報機能などお店のオペレーションに合わせてカスタマイズすることが可能です。

―タブレット型のPOSレジを提供する企業は複数ありますが、他社との違いはどこですか?

服部 当社は日本全国に支店を持つため技術サポートやメンテナンスが充実している、というのが当社の売りの一つです。無料でPOSレジを提供している企業でのサポートはメール対応のみが多いですが、「Uレジ」なら、月額1万円程度で24時間365日、何か不具合があれば技術社員が駆けつけ、サポートします。低価格で多機能なPOSレジを導入でき、サポートも手厚いことが最大の特徴です。

提供:USEN

―「Uレジ」は誰でもすぐに使えるものなのでしょうか?

服部 回転寿司屋に行ったときに、タッチパネルで注文しますよね。それと同じイメージで、子どもからお年寄りまで誰でも簡単に使っていただけます。メニュー商品の登録等の初期設定のサポートもしますから、安心してください。導入から運用まで、一度使い始めたらストレスなく直観的にご利用いただけると思います。

―「Uレジ」では予約管理も可能ですか?

服部 予約管理をiPadで一元管理できる「USEN Reservation」というサービスがございます。ヘアカットやネイルなど美容系のサロン向けに開発した「USEN Register for Beauty」では、関連サービスとして美容サロン専用のWEB予約システム「USEN Reservation for Beauty」をリリースしました。美容系店舗の場合、1対1で施術を受けることがほとんどです。だからこそ、常連さんの趣味・嗜好はきめ細かく管理し、お客様の満足度を上げ、リピーターを増やしていくことが求められています。業種の性質に合わせて実装する機能やオプションを使い分けていただけることも魅力だと思います。

ほかにも、「Uレジ」はいち早く、中小企業庁による消費税軽減税率対策補助金制度の対象サービスに認定されました。当社は代理申請・申請サポートの協力店リストに登録しており、「Uレジ」のサポートと合わせて365日年中無休でお客様をサポートします。

―「働き方をどう改革していくか」という点において、御社のサービスが貢献するところは大いにあると思います。

服部 「Uレジ」を導入していただくことで、人件費の削減や仕事の進め方がスムーズになります。今、構想しているのが、「レジを毎日必ず使うポータルにすること」です。「Uレジ」を立ち上げるとその画面経由でその他の必要な情報にもアクセスできるイメージです。たとえば、USENの会員向けに「USEN CART」というサービスを提供しています。これは、会員限定で、ティッシュペーパーやトイレットペーパー等のよく使う備品を安く買えるサイトですが、結局これも「USEN CARTのID・パスワードでログインして使ってください」となると、ID・パスワードを忘れてしまったり、面倒くさくて使わなくなってしまうこともあります。毎日使うレジにログインしただけで、「そろそろティッシュペーパーがなくなる時期ですけど大丈夫ですか?」とアラートがでると「そうだ、ここから発注できる」と。すると、閉店後に備品の管理をする必要がなくなるかもしれないのです。ほかにも、別のツールで管理している勤怠管理やシフト管理等も「Uレジ」にログインすれば管理できるようになると、もっと便利になります。「レジでお客さまの働き方を改革する」というのは若干飛躍しすぎな気もしますが、こうした少しずつの積み重ねが働き方改革につながっていけばいいなと思っています。

1 2
ページ先頭へ