国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ビジネスマーケット
  • 【BIPA】最短翌日の支払いサイクルを実現し、スモールビジネスを支援する Square 水野カントリーマネージャー~

【BIPA】最短翌日の支払いサイクルを実現し、スモールビジネスを支援する Square 水野カントリーマネージャー~

スマホやタブレットを使ったクレジットカード決済のパイオニア、Square株式会社(日本法人:東京・港区, カントリーマネージャー=水野博商氏 以下、「Square」)。「Make Commerce Easy(あなたの”商業活動”を簡単にする)」をミッションに掲げ、「今まで使わなかった人、使えなかった人」にフォーカスし、クレジットカード決済の裾野を広げようとしている。同社は個人事業主や中小企業が抱える課題にどう向き合い、ビジネスの成長を支援するのか。水野カントリーマネージャーに聞いた。

Square株式会社 カントリーマネージャー 水野博商  国内大手SIerなどを経て、2009年4月に日本オフィスの社員第一号としてペイパルジャパン株式会社へ入社。日本支社の立ち上げ、およびマーチャントサービスマネジャーとして、加盟店獲得のための営業戦略を策定・遂行するとともに、新プロダクトのマーケティング戦略の策定に従事。2013年10月に日本法人代表としてSquare株式会社入社。現在に至る。

―ジャック・ドーシーCEOはツイッターの創業者でもありますね。どのような経緯で「Square」をスタートされたのでしょうか。

水野 ジャックの友人で当社の創業者の一人、ガラス工芸作家のジム・マッケルビーが、お客様に自分の作品を売ろうとした際に、クレジットカード決済を受け付けていなかったため、せっかくの販売機会を逃してしまったことがきっかけで、 「Square」はスタートしました。カード決済を受け付けるには専用の決済端末が必要で、決済手数料もかかります。さらに、与信の問題でジムのような個人事業主がクレジットカード決済の審査に通るのはとても難しかったのです。そこで、個人事業主でもクレジットカード決済ができるようにするにはどうしたらいいかと、「今までカード決済ができなかった人ができるようにするには」という発想から、スマートフォンさえあれば手頃で簡単にクレジットカード決済ができるサービスが生まれました。これに伴ってリスクコントロールの仕組みも作りました。

―具体的には、どのようなリスクコントロールの仕組みなのでしょうか。

水野 旧来のクレジットカード決済のサービスは申し込み書類の作成から、書類審査、訪問調査まで、事前審査に時間がかかりました。
当社は、申込時の審査や決済の不正などを検知し判別するアルゴリズムを用いて決済のプラットフォームを安全に運用する仕組みを開発しました。加えて、このアルゴリズムはマシンラーニングにより常時新しい不正などの傾向を学び続けており、精度の向上を繰り返しています。これを24時間365日行っています。これにより従来の仕組みでは難しいと思われたリスクを抑える事ができるようになりました。いわゆる“フィンテック”の本質はおそらくここにあって、今まで人が介在することでしかできなかったことを機械が行うことで、人ができなかった部分までカバーできるようになった。更に、スマホやタブレットを使うので「金額」や「業種業態」だけでなく、GPSによって「場所」「時間」などもリアルタイムでトラッキングが可能です。こうした、リスクコントロールが容易になったことで、個人事業主や中小企業にも安価で安心して使える決済プラットフォームが提供できるようになったのです。

―「Square」の基本的な使い方を教えてください。

提供:Square

水野 専用アプリ「Square POSレジ」をインストールし、ポケットサイズの端末「Square Reader(スクエアリーダー)」をイヤホンジャックに差し込むと、スマートフォンやタブレットをクレジットカード決済端末として使えるようになります。アカウント登録も数分で済みますし、審査手続きも早いので、最短で当日からご利用いただけます。

従来型のクレジットカード決済ターミナルのように、入力画面に直接金額を入力することもできますし、POSレジのように、飲み物やお料理のメニューをあらかじめ登録しておけば、指一本でスムーズにレジでのお会計ができます。お客様のお支払方法に合わせて、「現金払い」「クレジットカード払い」 を選択し、サインは画面上に指で書いていただければ完了します。SNSかメールでお客様に直接電子レシートを送れるので、非常に便利です。

「Square Reader」を使って決済をしたときは、「Visa」「MasterCard」「American Express」のいずれも決済金額の3.25パーセントを手数料としていただいております。売上代金は最短で翌営業日にご登録の口座へお振込みし、契約やカード会社への支払い、その他の追加料金も一切ありません。

―特に規模の小さな企業では人材不足は喫緊の課題ですし、御社システムの導入で業務効率化できるなら楽になりますね。

水野 本当は「自分の料理を食べてほしい」「自分の作品を買ってほしい」といった思いから事業が始まったはずなのに、お店の裏側を支える業務をこなしているうちに1日が終わってしまうのは、本来あるべき姿ではありません。「Square」は、こうしたお客様の事業に必要なお金の管理や売上分析、在庫管理等の一元管理ができるようなプラットフォームになっていくことを目指しています。いつでもどこでもリアルタイムに情報を見ることができ、例えばこれまで1時間かかっていた締め作業を1分で終わらせることもできます。つまり、20営業日で20時間ですからね。1年にすると240時間です。 実働で言うと、1日8時間稼働するとすれば、30日分です。「Square」はそれだけの効率化を図れるのです。

―競合他社との違いは何でしょうか?

水野 当社でも、近々「JCB」「Diners Club」「Discover」の取り扱いが可能になりますから、カードの種類は他社と横並びになります。一見あまり違いがなく見えますが、こうして当社の取り組みをお話しすることで違いを理解していただける部分も大いにあると思っています。

例えば、従来のクレジットカード決済サービスでは、売上の入金は早くても2週間締めの2週間後払いというのが一般的なサイクルでした。入金までに1カ月はかかりますから、キャッシュフローが命の個人事業主や中小企業経営者にとっては死活問題です。当社はそこの改善に取り組み、最短で翌日の支払いサイクルを実現しました。冒頭でお話したリスクコントロールの仕組みづくりもそうですが、クレジットカード決済の裾野を広げるために当社は働きかけ、変えてきました。仕組みづくりの部分で公表できないことや、時間がかかることもありますが、こうした改革をこれからも繰り返していきたいと思っています。

1 2
ページ先頭へ