国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • おすすめセミナー・書籍
  • 【KaikeiZine読者をご招待】8/3開催・税理士なら絶対押さえておきたい  中企庁認定「早期経営改善計画策定支援」丸わかりセミナー

【KaikeiZine読者をご招待】8/3開催・税理士なら絶対押さえておきたい  中企庁認定「早期経営改善計画策定支援」丸わかりセミナー

金融税理士アドバイザー(主宰=徳永貴則氏)は8月3日、KaikeiZine後援のもと、東京・千代田区のレックスアドバイザーズセミナールームで中小企業庁がスタートさせた新制度「早期経営改善策定支援」丸わかりセミナーを開催する。同制度は、税理士などが作成した中小企業の事業計画書作成に関する一部費用を助成するもの。セミナーでは、新制度の内容をはじめ、税理士が継続的にどうビジネスにつなげていくのかなど、金融税理士アドバイザー主宰の徳永貴則氏が紹介する。(KaikeiZine読者を限定10名様無料で招待)

中企庁はさきごろ、中小企業が早期段階で経営改善に取り組むことを支援する新制度「早期経営改善策定支援」をスタートさせた。同制度は、中小企業が税理士らの支援によって作成した経営計画書に関して一部費用を助成するもの。税理士にとっては、単なる「計画書」の作成支援業務にとどまらず、中長期的な顧問先支援サービスになる可能性を秘めている。そこで、このセミナーでは、金融税理士アドバイザー主宰の徳永氏が、税理士がどう取り組めばよいのか基礎知識からノウハウを紹介する。

新制度は、

①金融機関が力を入れている「事業性評価制度」に大きくかかわる
② 顧問先と金融機関の相互理解を深め、円滑な「融資取引」に繋げる
③ 会計事務所にとって、顧問先との「対話」の大きな切り口となる
といった大きな目的が内包されている。

同制度を活用することで、税理士の「対話スキル」を向上させることも可能で、 毎月の顧問料アップに繋がる。

事業計画書の重要性は分かっているけど、その費用を捻出できない中小企業は多く存在する。そうした経営者の悩みを国の補助によって解決できるのが同制度だ。税理士の付加価値を上げるためにも有意義なセミナーとなっている。なお、KaikeiZine読者様10名に限り、無料で招待する。申込は以下から。


セ ミ ナ ー 内 容


①早期支援制度は「事業性評価制度」につながる!
②会計事務所の新たな売上の柱になる
③早期経営改善計画書の作成方法
④ビジネスモデル俯瞰図の事例
⑤ローカルベンチマークの活用方法
⑥いかに顧問先との対話を行っていくか


日 時


平成29年8月3日(木)14:00~16:00 (開場13:30~ 16:30まで質疑応答)


会 場


株式会社レックスアドバイザーズセミナー室
(東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂10F/銀座線・丸ノ内線「赤坂見附」下車10番出口徒歩1分、半蔵門線・南北線・有楽町線「永田町」下車3~5分)


受講料


3千円 (税込)※KaikeiZine読者は10名様限定で無料で招待。


講 師


徳永貴則(金融税理士アドバイザー主宰、株式会社スペースワン代表取締役)

大和銀行(現りそな銀行)にて、都内中心に主に法人融資の新規開拓業務を行う。 その後、本店融資部・審査部門で2千社以上の融資に携わる。これらの経験を 活かし(株)スペースワンを創設。銀行融資のコンサルをはじめ、事業再生や経営改善のアドバイスも行っている。金融税理士アドバイザーの専任講師としても活躍中。

※お申込みを締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


本セミナーに関する問い合わせ先


主催:金融税理士アドバイザー事務局(株)ゼイカイ内
http://finance-zeirishi-adviser.com/
東京都千代田区神田神保町2-13 神保町藤和ビル6階
TEL:03-6261-6315 FAX:03-6261-6316

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ