国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

【電卓持って世界一周!】貧しい国はなぜ貧しいのか①~レソトなう~

シンガポールで活躍した現役女性会計士が、電卓片手に、世界各地のNGOで会計士ボランティアをしながら世界一周! 旅の中での発見を、会計士目線で伝えていきます。今回もアフリカ南部に位置する国レソトからお届け! 貧しい国はなぜ貧しいのかについて考えていきます。

牛が活躍する首都マセル

アフリカの小国レソトは、とにかくのどかである。私が働いているNGO「Kick4Life」は、首都マセルの中心部にあるので、レソトのなかでは都会のはずなのだが、それでも会社の庭には牛飼いがよくやってきて、牛に枯草を食べさせたりしている。

日本だったら「私有地につき牛の放牧禁止」みたいな立札が立ったりして大ごとになると思うのだが、そこはマセルなので、牛も問答無用に立ち入りまくりである。会社側もまったく気にしていない。

ゴハンの時間だよ

私個人としては、のどかなマセルが気に入っており、あまり変わってほしくはないのだが、私の生まれ育った東京とは、趣は随分異なる。嗚呼、あの都庁のてっぺんから見た、地平線の果てまで続くビル群よ。

マセルが東京みたいな大都会になるには、一体あと何年かかるんだろうか。とりあえず何年の単位ではなく、何十年の単位であることは間違いない。もしかして何百年かなぁ。あんな巨大な都市を20年くらいで作っちゃった、日本の高度経済成長の勢いって本当にスゴイ!

この国にはお金がない

レソトはインフラの質も日本と全然違う。マセルには信号機がほとんどない。大通りと交差する道路には、合流のタイミングが計れない車がすぐに溜まる。小さな道に10~20台くらいの車が突然列をなし、20分くらい待ちぼうける。そんなわれらを、羊がもの珍し気に見ている。

お母さん、人間って大変だね

道路の質もあまりいいとはいえない。レソトには100km制限の公道がよくあるのだが、そういう道に30cm大の穴が、いきなり開いていたりする。日本だったらすぐに道路公団に連絡がいくだろうし、アメリカだったら州が訴えられると思う。しかしレソトでは、人が穴を除けて進むほか手立てがないのである(笑)。

そんなふうに30cm大の穴をひらりと避けてドライブしていたとき、私の脳裏に、ひとつの考えが雷のようにひらめいた。

それは、
「この国にはお金がない!」
ということだ。

なんてこった! 政府が貧乏なんだ! だから信号機も作らないし、道路に穴が開いても直さないんだ! なんで貧乏かというと、税収がないからである。

レソトの失業率は2016年の時点で27.4%と高い。国民が稼いでいないので、所得税が入らない。企業がたくさんないので、法人税もふるわない。レソトで一番大きな産業は、国際NGO(UNICEFなど)だ。このような組織は企業ではなくNPO(非営利組織)なので、法人税を払わなくていい。

私が働く「Kick4Life」もNPOなので納税義務はないのだが、どさくさに紛れて先日、法人税の督促が届いた。とりあえず国税局で「なにが法人税でいっ!俺っちは税金なんぞビタ一文払わねぇからな!」と、一席ぶってきた。レソトの人々を助けようとやってきたNPOですら、国税局に対して非情な態度なので、勢い税収の増えないレソトである。

「すべての幸福な家庭は互いに似ている。不幸な家庭はそれぞれの流儀で不幸である」

この名言は、トルストイの代表作『アンナ・カレーニナ』の冒頭である。私は、国にも同じことがいえると思っている。先進国の都市(東京・ニューヨーク・シンガポールなど)が比較的似ているのに対し、貧しい国はもっと個性があり、それぞれ異なる理由で「貧乏」である。

なぜ国はお金がないのか?
恒常的に途上なのか?
なんでもっと早いスピードで先進国みたいになっていかないのか?

今日は途上国を途上たらしめる、経済成長が進まない原因について考えてみたい。

1 2
ページ先頭へ