国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

弥生 「18シリーズ」を10月20日から販売 「仕訳一括置換」機能など利便性アップ

今年30周年を迎える会計業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、以下「弥生」)は最新のデスクトップアプリ「弥生18シリーズ」を10月20日から発売する。17シリーズからの強化ポイントは3点。中でも「仕訳一括置換」機能が搭載され、会計事務所職員は摘要・税区分修正などの「チェック業務」から開放される。

「弥生18シリーズ」の主な強化ポイントは「クラウド連携による利便性向上」「お客様の声に基づく利便性の改善」「法令への確実な対応」の3つ。

弥生18シリーズ(提供:弥生株式会社)

まず、「クラウド連携による利便性向上」については「弥生会計18」「やよいの青色申告18」の「スマート取引機能」がさらに強化される。「スマート取引機能」とは、金融機関やPOSレジ・クラウド請求サービス等の外部データの自動取込や取引データの摘要をもとに、勘定科目を推論し自動で仕訳データに変換するもの。具体的には、2017年10月以降、都市銀行、地銀、ネット銀行ほかと順次API連携していく予定で、よりセキュアなサービス提供を目指す。そのほか、レシートや領収書を取り込む「スキャンデータ取込機能」については、取込後の証憑の確認をより簡単にするため、読取精度を高め、修正画面もより使いやすく改善。「推論」の仕組みを活用した「仕訳ルール」については、取込元によってルールを使い分けたり、摘要を任意の文字列に設定できるなど、より実用的な機能が備わった。

次に、「お客様の声に基づく利便性の改善」についてだ。弥生はこれまでも、ユーザーの声に応えるかたちで会計事務所の実務に即したバージョンアップを続けてきたが、今回、会計事務所の業務効率化をサポートする目的から、「弥生会計18」「やよいの青色申告18」に「仕訳一括置換」機能を追加。これにより、会計事務所職員は摘要や税区分の修正などの「チェック業務」から解放される。さらに「弥生販売18」には「予定在庫管理」機能を追加。これにより、商品ごとの在庫が「いつ、どれだけ不足するか」が把握できるようになり、欠品防止に役立つ。

そのほか、平成29年度分所得税確定申告対応や平成29年分年末調整対応にも自動対応し、毎年改正される税制にも確実に対応する。

販売に先立ち10月12日に岡本浩一郎代表取締役社長が記者発表

記者会見で岡本代表は、「弥生はお客様の『事業コンシェルジュ』として、これからもお客様のビジネスに寄り添いお客様とともに成長していきます。今後はさらに、クラウドやAIを活用し事業者の業務全体の効率化・自動化を行う「業務3.0」を推進していきます。これからもスモールビジネスに新たなイノベーションを起こすお手伝いをしていきたいと思っています」と抱負を語った。

(提供:弥生株式会社)

なお、弥生は30周年を新たなスタートと位置付け、新イメージキャラクターに女優の芳根京子さんを起用。弥生シリーズの新しい顔としてパッケージや製品紹介ムービーに登場する。

 

 

 

 

 

 

 

 

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ