国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

国税庁 「Yahoo!オークション」でインターネット公売を実施

国税庁では現在、平成30年度第1回インターネット公売を実施している。このインターネット公売はヤフー株式会社(東京・千代田区, 代表取締役社長=宮坂 学氏 以下「ヤフー」)の「官公庁オークション」サイトで行われる。

インターネット公売は、滞納された税金を徴収するために差し押さえた財産を強制的に売却する公売手続のうち、買受申込みなどの手続きをインターネットオークションの仕組みを活用して行うもの。

国税庁は、ヤフーに公売を委託しており、ヤフーを競り売り人として、同社が提供するオークションシステム「官公庁オークションサイト」で、公売財産の買受申込みの受付を行っている。最高額で買受申込みをした者を、税務署長等が最高価申込者として決定し、更に売却決定により買受人とする。

 

官公庁オークショントップページキャプチャ画像

出品物は、「車」や「貴金属」などの動産や「リゾート会員権」「土地」などの不動産など幅広く、平成24 年度に出品された12.07カラットのダイヤモンドは、見積価額2960万円の3倍以上となる9315万円の値が付いた。

国税庁のインターネット公売は基本的に年4回実施されており、第1回の参加申し込み期間は、4月27日(金)13時から5月9日(水)17時までで、入札期間は5月18日(金)13時から5月21日(月)13時まで。最高価申込者の決定日は5月23日(水)10時、買受代金の納付期限は6月5日(火)14時となっている。

インターネット公売では、実にさまざまな財産が売却されており、「こんなものまで公売されてしまうんだ……」と滞納している納税者の意識を変え、滞税圧縮に役立つとともに、こうした行政機関の毅然とした態度は税制度の公平性へも大きく貢献している。

この詳細は以下より。
https://www.nta.go.jp/information/other/data/h30/kobai/index.htm

著者: KaikeiZine編集部

KaikeiZine

租税調査研究会が監修する税金・会計の総合ニュースメディアです。税金・会計に関するさまざまなニュースを、わかりやすくお届けします!
■税と経営の顧問団租税調査研究会
https://zeimusoudan.biz/
■公認会計士・税理士・経理の転職サイトREX
https://www.career-adv.jp/
■KaikeiZine
https://kaikeizine.jp/

ページ先頭へ