国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

  • KaikeiZine
  • ビジネスマーケット
  • もう記帳代行に労力を使っている場合ではありません。記帳の自動化で定型業務を効率化する「STREAMED」<PR>

もう記帳代行に労力を使っている場合ではありません。記帳の自動化で定型業務を効率化する「STREAMED」<PR>

「データ入力や仕分け、チェック作業など単純作業をもっと効率化できればいいのに・・・」と感じている会計事務所様は多いのではないでしょうか?特に確定申告のこの時期、クライアントからドッサリ領収書をもらってウンザリ・・・という方もいらっしゃるかと思います。
そこで、スキャンするだけで手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化できるというクラウド記帳ソフト「STREAMED」を開発した、株式会社クラビスの菅藤社長にお話を伺いました!

記帳代行業務を効率化できるシステムを開発したということですが、具体的にどのようなサービスですか?

領収書のスキャン

STREAMEDは領収書など証憑をスキャナで取り込むだけで仕訳データを生成できるサービスです。最大の特長は手書きの領収書でも99.9%正確にデータ化できることです。データ化できるのは領収書、請求書、通帳の3種類です。スキャンして1営業日以内に日付、金額、摘要(支払先の名称)、勘定科目が割り振られたデータがダウンロードできます。使い方も簡単なので、大手会計事務所や、独立したばかりの税理士事務所まで幅広くご活用いただいています。面倒な指示書の作成などは不要で、使いたいと思ったときにすぐに使える手軽さも特徴です。

代表的なほとんどの会計ソフトに対応しているので、今お使いの会計ソフトを変えずに導入できるのもポイントです。

スキャン作業にはどのくらいの時間がかかりますか?

領収書100枚をスキャンする時間はわずか10分程度。慣れると数百枚でもあっという間にスキャンできます。スキャンが面倒なのではないかと質問を頂くことがありますが、実際にご覧いただくとその不安は払拭されます。

早くて正確な理由を教えてください。

OCR(機械による文字認識)を使わず、オペレーターが1枚ずつ目で見て手作業でデータ化しているからです。入力しているのは、ベトナムで日本語検定に合格したオペレータと日本人オペレーターの混合チームで、トリプルチェックをしているので正確なデータ化を実現できました。平日の昼間など空いている時間でしたら数時間でデータ化が完了してメールで通知が届きます。過去にも領収書を一気に3,000枚スキャンした方や、通帳5冊をまとめてスキャンした方がいましたが、翌日には全てデータ化が完了したのでとても驚かれていました。

領収書、請求書、通帳データの仕分作業はどうするのでしょうか?

仕分けされたデータ画面

仕訳は独自に開発していた仕訳判定システムによって行い、それを日本人オペレーターが確認した後にお客様にお返ししています。なぜそうしているかというと、作業の全てを簿記のスキルを持ったオペレーターに依存するとオペレーターによって品質が異なってしまったり、そのオペレーターが退職した場合に品質が担保できなくなる問題が起きます。そのため、仕訳判定システムが最初に判定し、それをオペレーターが間違っていないか確認する方法をとっています。実際にご利用いただいているお客様の感触としては、8~9割くらいの正確性で勘定科目が割り振られているという評価をいただいています。

1 2 3
ページ先頭へ