国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

市岡久典の記事一覧

  • 「雇用調整助成金」の延長と申請方法(最新版)

    2020.10.15

    新型コロナウイルス感染症の影響で、失業者の増加や大企業でのリストラ実施などがニュースで報じられています。雇用維持を支援するために、企業が従業員を休業させた場合などに支給される雇用調整助成金が設けられています。この雇用調整助成金について、新型コロナウイルス感染症の影響で事業活動の縮小を余儀なくされた場合には、助成率や上限額引き上げなどの特例措置がなされています。この特例措置が延長されており、雇用調整助成金の申請方法が以前よりも簡略化されておりますので、これらの最新情報をご説明します。

  • 前向きな行動を引き出すコーチング的な対応(質問編)

    2020.10.01

    悩んでいる人からの相談を受けるとき、まずは相手の話をじっくりと聴いて気持ちを落ち着かせてもらい、相手の存在や努力を認めて自信を取り戻していってもらうことが大切です。その上で、相談された方の意欲を高めて前向きな行動を引き出すような対応についてご紹介いたします。新型コロナウイルス感染症の影響で、厳しい経営状況に置かれている会社も少なくありません。深刻な相談を受ける際にも活用できる技術です。

  • 相手の存在や努力を認めて自信を取り戻してもらう対応(承認編)

    2020.09.17

    クライアントや周りの人が厳しい状況にある・苦しい立場にいる場合、まずはじっくり話に耳を傾けることが大切です。これについては、「経営状況の厳しいクライアントや落ち込む部下に寄り添う対応(傾聴編)」の記事にまとめました。今回は、相談された方が心理的に回復して前に向いていけるような対応についてご紹介します。

  • はじめて事業資金の借入をするときの基礎知識

    2020.09.10

    新型コロナウイルス感染症の影響が長引いており、経営者にとって先行きの見通しがしづらい状況が続いています。これまで借入をせずに事業を行ってきた会社でも、借入が必要な状況になってきているところがあります。まだ切羽詰まった状況になっていなくても、今後のことを考えて借入を考えている、という話もお聞きします。コロナ禍の中ではじめて借入をしようとされている経営者もいらっしゃいますので、はじめての方向けに金融機関から事業資金を借りる際に一般的にどのような方法があるか、どのようにすればよいのかをご説明します。

  • 経営状況の厳しいクライアントや落ち込む部下に寄り添う対応(傾聴編)

    2020.08.27

    新型コロナウイルス感染症の影響で、厳しい経営状況に置かれている会社も少なくありません。この記事を読んでおられる方の中には、そのような会社の経営者からご相談を受けることもあるでしょう。また、クライアントに限らず、仕事やプライベートで問題を抱えて落ち込んでいる部下から相談を持ち掛けられることもあるかもしれません。そのような相談を受ける際に活用できる傾聴のポイントを説明します。

  • テレワークの導入・整備に使える補助金・助成金をご紹介します

    2020.08.17

    新型コロナウイルス感染症の陽性者が再び増加している状況を受けて、政府は企業に対してテレワークで働く社員を7割に高めることを呼び掛けています。大企業では比較的テレワークが導入されているものの、中小企業ではあまり導入が進んでいないと言われます。その要因はさまざまありますが、テレワークを行うためのソフトウェアや機材を準備するコストがかかるのも要因の1つでしょう。テレワークの導入や環境整備をするにあたって活用できる補助金や助成金をご紹介いたします。

  • 新型コロナウイルスの感染防止対策に使える補助金・助成金をご紹介します

    2020.08.07

    新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中、新しい生活様式が求められており、事務所や店舗などでも感染防止に努める必要が生じています。ビジネスを進めるにあたっても、従来行ってこなかった感染対策を踏まえた新しい取組みが必要になる場面も多いでしょう。このような状況を踏まえて、感染防止ガイドラインにもとづいた取組みに対する補助金、感染防止対策取組書の掲示によって活用できる補助金なども設けられています。

  • コロナ禍での資金繰りを支える、実質無利子・無担保の融資制度と申請について

    2020.07.22

    新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴って、中小企業への資金繰り支援を強化するため、経済産業省では、実質無利子・無担保での融資を可能とする制度を設けています。この制度の内容と申請方法、申請に必要なセーフティネット保証、危機関連保証について説明いたします。

  • コロナ禍におけるメンタルヘルス対策と健康経営

    2020.07.16

    新型コロナウイルス感染症の影響によるストレスの増加やメンタルヘルス不調は、個人の問題だけでなく、組織の問題でもあります。組織として従業員のメンタルヘルスを保つ取り組みを、健康経営という観点からも見ていきます。

  • 新型コロナウイルス感染症特別貸付の制度と申請

    2020.07.09

    新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの業種が売上減少などの苦境に立たされています。企業の資金繰りを支援するための制度として、日本政策金融公庫の新型コロナウイルス感染症特別貸付が設けられています。これは、新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少している事業者が低金利で融資を受けられる制度であり、3年間は無利子になる特例もあります。この制度の内容や申請手続きなどについて説明します。

ページ先頭へ