国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

KaikeiZine編集部の記事一覧

  • プロボノ会計士集団「AFC」が1周年記念イベント NPO支援の可能性について意見交換

    2017.06.29

    NPO(特定非営利活動法人)の会計・経理などボランティアで支援するプロボノ会計士の集団、特定非営利活動法人Accountability for Change(東京, 代表理事=駒田和也氏、以下「AFC」)が6月18日、都内で設立1周年記念イベントを開催した。

  • 住宅にまつわる贈与で「節税」をはじめよう!

    2017.06.26

    平成27年1月1日以降の相続については、基礎控除が縮小された影響で、相続税の申告や納付が必要となる人が増加しています。いま、その対策として、生前贈与が大きなブームとなっていることをご存知でしょうか。何といってもやはり、毎年110万円の基礎控除内でコツコツ贈与していくことが、もっとも確実な節税となります。しかし住宅にまつる贈与については、より大きな特典が用意されているようです。そこで今回は、住宅にまつわる贈与のメリットを解説します。

  • MFの子会社 後払い決済のリスクと手間を一手に引き受け

    2017.06.21

    「MFクラウドシリーズ」を提供するマネーフォワード株式会社(東京・港区,代表取締役社長CEO=辻庸介氏、以下「マネーフォワード」)は6月20日、中小企業の資金繰りの課題を解決する子会社「MF KESSAI株式会社」(東京・千代田区,代表取締役社長=冨山直道氏、以下「MF KESSAI」)の設立を発表した。同社は、企業間取引の後払いリスクや手間の軽減をサポートする。

  • 会計業務ソフトウェアの弥生が「弥生PAPカンファレンス2017春」で新サービスを発表

    2017.06.16

    今年30周年を迎える会計業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、以下「弥生」)は6月14日、「弥生PAPカンファレンス2017春」で今後提供していく新サービスを公開した。

  • 個人事業主・フリーランスのための 税金・会計Q&A ②

    2017.06.15

    事業を営んでいれば、1年に1回確定申告が必要です。今回は、個人事業主の確定申告についてのポイントをアドバイスします。

  • 余剰資金を投資不動産に変える「相続対策」

    2017.06.12

    相続を考えるうえで必要となる三要素、「遺産の分割」「納税資金の確保」「相続税の節税」。遺産の分割や納税資金について、ある程度目処が立っている場合におすすめなのが、財産の組替えによる相続税の節税だ。今回は、預貯金や上場有価証券などの金融資産の割合が高い方に向けて、その一部を不動産へ組み替えることで相続税を節税する方法についてご紹介したい。

  • 【セミナー開催】電子政府の実現で税理士・会計士業務がなくなった国「エストニア」/会計事務所はどうやって生き残ったのか・・・

    2017.06.08

    政府が推進した「法律の簡素化」と「IT化」により世界最先端の電子政府システムが実現したバルト三国の一つ“エストニア”。IT化が進む国の姿として、日本の将来を考える上でも参考になる。俗に言う、税理士業務はなくなったようだが、会計事務所はどのようにビジネス展開しているのであろうか…。本セミナーでは、「E-residency(電子居住)」の第一人者・eSparQNow の小森氏が、エストニアの現状や「E-residency(電子居住)」について紹介する。

  • 【BIPA】最短翌日の支払いサイクルを実現し、スモールビジネスを支援する Square 水野カントリーマネージャー~

    2017.06.08

    スマホやタブレットを使ったクレジットカード決済のパイオニア、Square株式会社(日本法人:東京・港区, カントリーマネージャー=水野博商氏 以下、「Square」)。「Make Commerce Easy(あなたの”商業活動”を簡単にする)」をミッションに掲げ、「今まで使わなかった人、使えなかった人」にフォーカスし、クレジットカード決済の裾野を広げようとしている。同社は個人事業主や中小企業が抱える課題にどう向き合い、ビジネスの成長を支援するのか。水野カントリーマネージャーに聞いた。

  • 個人事業主・フリーランスのための 税金・会計Q&A ①

    2017.06.05

    ここでは、これから事業を始めたい個人やフリーランスとして活動している人が知っておきたい税金や会計の疑問に答えます。

  • 月次決算の意味とは? 定期的な経理で事業損益を把握

    2017.06.02

    「決算は、年に一回、確定申告時期の税金計算のために行うもの」と思っている方も多いだろう。しかし、長く商売を続けていくうえで、自らの事業売上や利益が年に一回しか分からないのは、とても危険な状況だ。今回は、個人事業主の方に向けて、日々の経理や月次決算の重要性、その方法について解説したい。

ページ先頭へ