国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

KaikeiZine編集部の記事一覧

  • 不動産が相続税対策になるとよく聞くが本当なのか?

    2016.09.23

    相続税の改正により、基礎控除が大幅に縮小された。改正により相続税はみなさんの身近なものになっている。具体的には、基礎控除3000万円に、法定相続人ひとり当たり600万円の合計を超えた金額は、相続税が課されることになったのだ。

  • 「税理士顧問先拡大シークレット勉強会」のご案内<PR>

    2016.09.21

    10月4日(火)、飲食店顧問先拡大のためのシークレット勉強会を開催します。
    北海道にて大人気の勉強会が東京での追加開催です。
    40年間3000店舗以上を指導し、専門書籍34冊、実績日本一のフードビジネスコンサルタントである宇井義行に飲食ビジネスを学び、飲食店の売上・利益アップさせる手法を身に付け、巨大マーケットである飲食店に対する顧客拡大手法を学べます。

  • 4大監査法人の業界地図 人材から分析

    2016.09.16

    監査市場を席巻する4大監査法人。毎年、公認会計士試験に合格した若手のほとんどを採用しているが、人材面から見た規模は、一体、どういった勢力になっているのだろうか。今回はこの4大監査法人を人材面から分析する。

  • 税理士の皆様から1番わかりやすいと評判のFinTech入門勉強会 『Fintechがもたらす経理時間0秒の世界到来!そのとき、税理士業務に与える影響とは?』セミナー動画プレゼント!<PR>

    2016.09.14

    経理の事務仕事がなくなってしまうかもしれない。最近、あちこちで注目されているFinTechの影響として語られる可能性の一つだ。そんな大きなインパクトをもたらしかねないFinTechとはそもそもどんなモノなのか。マネーフォワードの取締役で、FinTech研究所の所長を務める瀧氏が解説しました。

  • 話題を呼んだ『タックスヘイブン』とは? メッシの脱税から見る

    2016.09.14

    バルセロナの元アルゼンチン代表FW、リオネル・メッシ氏と、同選手の父親であり代理人を務めるホルヘ・メッシ氏に、禁錮1年9ヵ月、罰金370万ユーロ(約4億円)の有罪判決が下ったニュースをご存知だろうか。
    メッシ氏と父親のホルヘ・メッシ氏は、2007年から2009年にかけて、とくに同選手の肖像権収入に絡む脱税目的でタックスヘイブン(租税回避地)に会社を設立したことより、両者は420万ユーロ(約5億円)を脱税したとしてスペイン税務当局から告発されていた。

  • クラウドファンディング! 種類別に異なる『税務』のお話!

    2016.09.14

    近年、資金調達の手段として「クラウドファンディング」が注目されている。しかし、よく理解した上で利用しないと、思わぬトラブルになってしまう可能性もある。そこで今回は、クラウドファンディングの種類別に「税務」の扱いについて紹介する。

  • 4大監査法人の業界地図 業績から分析

    2016.09.09

    日本国内の監査シェアの大部分を占める新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、有限責任あずさ監査法人、そしてPwCあらた有限責任監査法人。この4つを指して「4大監査法人」「BIG4(ビッグフォー)」などと呼ぶが、それぞれの違いについてはあまり知られていない。今回は4大監査法人を業績から分析する。

  • 【税理士あるある】 日常編

    2016.07.29

    日々感じるあるあるネタ。あなたも税理士なら、きっと共感してくれるはずです。

  • 【税理士あるある】格差編

    2016.06.04

    「二極化」が進んでいると言われる会計事務所業界。そこに潜む格差とは・・・

  • 【税理士あるある】電卓編

    2016.06.04

    税理士の必須アイテム電卓には、並々ならぬこだわりが詰まっているんです。

ページ先頭へ