国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

KaikeiZine編集部の記事一覧

  • 節税しながら貯蓄! 小規模企業共済や中小企業倒産防止共済とは

    2016.11.21

    みなさんは「小規模企業共済」や「中小企業倒産防止共済」という制度をご存じだろうか。 実は、これらの制度を活用すれば、節税しながら貯蓄できる。それだけでなく、将来や経営難にも備えられるため、個人事業主や中小企業経営者のみなさんには、ぜひ押さえておいてほしい。

  • 経営者も不動産で将来のために資産運用・資産形成できる

    2016.11.15

    最近、一般的になっている不動産投資。高齢化社会を迎えて、自分で資産形成しようとする人が増えている。不動産の運用には、大きく「売却差益」と「家賃収入」の2つがあげられ、資産を形成しながら運用できるのが、大きな特長だ。また、家賃収入の場合、不動産所得の総合課税という確定申告によって、節税が図れるということも大きなメリット。そこで今回は、不動産で資産運用・資産形成するメリットを紹介したい。

  • 国税庁 平成27事務年度は相続税調査を1万1935件実施 8割で非違指摘

    2016.11.11

    相続税調査は、これまでも調査官有利といわれてきたが、平成27事務年度(平成27年7月~同28年6月)も、約8割が課税漏れなどを指摘されていることが分かった。申告漏れ財産の内訳を見ると、現金・預貯金が1千億円を超え最も多く、調査においては預金などの現金に調査官の目が向けられていることが明白だ。

  • 【大好評!セミナー動画をプレゼント】顧客が途絶えない人気税理士が実践する、顧問先から新規顧客を紹介してもらえるコミュニケーションの極意とは<PR>

    2016.11.09

    クラウド会計やインターネットの普及により業務は効率化され、欲しい情報を誰もが得られる時代になりました。同じことをしているのに、企業から選ばれ続ける税理士とそうではない税理士がいる。その違いは一体何か。今回は、新規顧問先の獲得に悩む税理士が知っておきたい、顧問先から新規顧客を紹介してもらえるコミュニケーションの極意について、人気税理士が伝授します。

  • 【11/24@東京 特典付:無料セミナー開催】1日7つ全てのテーマが≪新規獲得≫月額1万円の低価格モデル VS 高単価モデル、2つのモデルの新規開拓方法の違いとは?~銀行・国税OB・税理士紹介・HPを活用した新規獲得成功事例も大公開~

    2016.11.09

    会計事務所にとって、「新規開拓」「顧客獲得」は事業を継続的に発展させるための永遠のテーマです。IT技術の発達で会計業務の自動化が進み、今や申告書を作るだけでは、競合の会計事務所との差別化にはなりません。こうした技術の進歩や社会の変化を背景に、企業が会計人に求めるニーズも多様化しています。顧客ニーズに合致した解決策を提示してはじめて、顧客獲得につながる時代が来たといえるのではないでしょうか。本セミナーでは、会計事務所の規模やビジネスモデル別に顧客獲得方法を解説します。

  • 独立したら、まず確認! 確定申告って何のためにするの?

    2016.11.08

    自営業者は、確定申告をすることにより所得税、事業税、住民税、国民健康保険料等が決定するため、必ず行わなければならない。万が一、期限内に確定申告できていない場合、期限後申告として取り扱われ、加算税が必要になるため注意が必要だ。

  • 【注目勉強会2本だて】最新税理士業界動向と4つのポイント解説/モデル別 7つの経営戦略 成功実例公開

    2016.11.07

    「加算税の改正による、税理士業務の影響」「国税通則法の改正による相続税調査の影響」「増加する税理士の懲戒指導、当局は何をみているのか?」「残波 の比嘉酒造 役員退職金裁判で決め手になったポイント」など最近の税理士業界の話題と税理士業務に関する注目テーマについて解説致します。また、顧問報酬の低下や顧問先変更の増加、クラウド化など税理士業界に大きな変化が訪れている中で、営業・集客・人材採用に関する問題についても触れていきます。

  • 年度末でもOK! 節税に向けた償却資産の処分・有姿除却の活用

    2016.11.04

    事業を行ううえで、何よりも重要なのはキャッシュだ。資金繰りを考えると節税の機会があれば積極的に活用すべきだろう。今回は減価償却資産の処分等について、節税につながるポイントを紹介したい。

  • サラリーマンが資産管理会社をつくったほうがいい理由

    2016.10.31

    最近、一般的になってきた不動産投資。資産管理のために、サラリーマンでもはじめる人が増えている。とはいえ気になってくるのが税金面。不動産所得の増加に伴い、累進課税による税金(所得税・住民税)の増加、そしてそれに連動した社会保険料の増加も絡んでくるため、年収3千万円を超えてくると、不動産投資は一気に 難易度を増す。1棟ものマンションを購入すると、年収3千万円くらいはすぐに超えてくるはずだ。しかし、これを法人化した場合、経費計上、所得分散において、さまざまなメリットを享受することが可能となる。

  • クリニック経営の節税に欠かせない!「概算経費率特例制度」

    2016.10.26

    個人経営である医師や歯科医師の場合、概算経費という計算方法が合法的に認められている(租税特別措置法26条による所得計算。以下「租特」)。経費を計算するうえで、節税になるなど有利になる場合もあるので、概算経費が認められている条件とその例、概算経費として計算するのが有利な場合と不利な場合をチェックしておこう。

ページ先頭へ