国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

キャリア・お仕事の記事一覧

  • 監査法人の次のキャリアを考える 監査法人出身者向け転職相談会開催【株式会社レックスアドバイザーズ】

    2016.06.17

    株式会社レックスアドバイザーズでは、監査法人の次のキャリアをお考えの公認会計士向けに、個別転職相談会を開催。監査法人での経験をどのように生かせるのか、将来どんなキャリアプランを描いていけるのか、一人ひとりの経歴や要望、ライフスタイルなどに合わせたアドバイスを実施する。

  • VC勤務の公認会計士が語る!ベンチャー企業・VCへの転職時におさえておくべきテクノロジー業界のトレンド【その1】

    2016.06.01

    こんにちは。ベンチャーキャピタルで働く公認会計士の玉木です。
    実はこの原稿を書いている今はGW最初の週末。外は最高のお天気ですが、私は編集者さんに急き立てられて篭って執筆中です。うう辛い。(編集担当注:せっかく篭って書いていただいたのに掲載が遅くなり、申し訳ありません…!)

    公認会計士というバックグラウンドを持ちながら、VCという比較的特殊な仕事をしているせいか、最近はよく会計士の仲間から「スタートアップ・ベンチャー企業やVCに興味あるんだけど...」、「このベンチャー企業の求人の紹介は受けてるんだけど実際どうなの?」といった相談を受けることがあります。
    私自身、現在のサムライインキュベートという会社に入るまではITやインターネットなどのテクノロジー業界のことはまるでちんぷんかんぷんでした。そんな経験を踏まえ、今回は会計人が転職を考える際に押さえておきたいトレンドを分野別にピックアップしてお送りします。

  • 年収にこだわる税理士が転職エージェントを使う理由

    2016.05.20

    年収アップのために転職活動を考える方は少なくないと思います。高年収帯の魅力的な求人を見つけ、片っ端から応募していくという方法もありますが、闇雲に転職活動を進めてもなかなかうまくはいきません。高年収かつ希望のポジションを目指すなら、市場を理解した上で戦略的に、長期的な視点で求人選びをすることが重要です。年収にこだわる税理士の方必見の、転職活動のポイントをご紹介します。

  • 雇用保険など6法改正 中小企業も対応迫られる

    2016.04.15

    4月から新年度を迎え、さまざまな改正法が施行されているが、会計事務所もクライアント支援のために、しっかりと頭に入れておきたいところだ。とくに、今年の改正は、高齢者と女性の就業促進が目的にあり、人材不足に悩む企業にとって注目の内容になっている。

  • ベンチャーキャピタルで働く公認会計士のとある1日

    2016.04.12

    こんにちは。ベンチャーキャピタルで働く公認会計士の玉木です。最近Googleが開発した囲碁AI「AlphaGo」に触発されて囲碁をはじめてみましたが、一向に上達せずiPhoneアプリの初級モードに負ける毎日です。囲碁難しいですね。さらにハマってしまいそうです。

  • 売り手市場の今がチャンス!人気の資産税(相続・事業承継) 求人動向

    2016.04.11

    昨今、転職市場は売り手市場、つまり転職希望者にとって有利な市況が続いていますが、税理士にとってもこの状況は例外ではありません。このような売り手優位の市況では、労働環境を変えるための転職はもちろんのこと、何か強みをつくりたいと考える税理士にとっても大いにチャンスとなるタイミングです。今回は、最近人気の資産税業務の中でも特に注目されている相続業務について、求人の特徴と選び方のポイントをご紹介します。

  • 深刻な人材不足の監査法人。採用ターゲットは企業からの出戻り会計士!?

    2016.03.14

    2016年も監査法人では人材不足の状況が続き、他業界への人材流出にも歯止めがかかっていません。そんな状況の中、監査法人が取り組む新しい採用戦略に焦点を当ててみました。

  • ベンチャーキャピタル(VC)に転職した公認会計士が語る、意外と地道なその実務

    2016.03.08

    こんにちは。ベンチャーキャピタルで働く公認会計士の玉木です。スターウォーズの次は最近DVDで買ったマッドマックスにはまってしまいました。火を噴くギター、欲しいですよね。
    近年、会計の経験を持つ方も増えてきたベンチャーキャピタルですが、まだまだ日本では馴染みの薄い業種。ベンチャーキャピタルに転職した理由と、ペンチャーキャピタルのあらましを紹介した前回に続き、今回は投資先の選定から審査・決定を経ての投資先支援、そしてExitまで、ベンチャーキャピタル(VC)の実務についてご紹介していきましょう。

  • 2015年度のIPOを振り返る 今後の求人動向と公認会計士のキャリアパスは?

    2016.02.19

    IPO市場が盛り上がりを見せている昨今、転職相談に来る公認会計士の方の間でもIPO支援に関わる業務は人気があります。また、これまで監査法人やコンサルティングファームでIPO支援に関わってきた公認会計士の方が、今後は企業を内部から支援したいと転職相談に来られるケースも増えています。
    一方、企業側でも公認会計士の採用を検討する動きが見られるようになりました。IPOを目指す企業では、IPOに関する知識が豊富な人材を求めており、上場企業では管理部門の体制強化をするために経験豊富な公認会計士をリーダーとして迎えるケースも増えてきました。
    今回はIPO市場の活況を背景に、公認会計士のキャリアパスについて考えてみたいと思います。

  • 国税庁が民間転職イベントに登場 谷間世代「30歳代」の穴埋めに

    2016.02.17

    転職イベント会場に、見慣れない幟が立ったブースが出現。そのブースはなんと、あの「国税庁」。「国税にFA宣言しませんか?」というチラシを配布するなど、これまでの国税庁とはちょっと違う。攻めの姿勢で転職者の獲得に動いているではないか。なぜ、いま国税庁がここまでやるのか、その理由は・・・

ページ先頭へ