国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

相続・事業承継の記事一覧

  • 相続税調査は「重加算税」狙い!? 課税前は当局に決まった行動

    2016.08.02

    相続税調査では、税の重いペナルティである「重加算税」が比較的課されやすいとの話を聞く。なぜなら、重加算税を課せられる要件に相続税調査がはまりやすいためらしい。相続は一生の間に何度もあるわけではなく、調査になれば調査官が圧倒的に優位といわれる。相続税調査の実態および、重加算税と睨んだときの当局の行動に迫った。

  • 遺留分の生前対策5つの手法

    2016.06.29

    遺留分は、遺言書を作成するときに問題となります。今回は、遺留分の生前対策について、5つの手法をご紹介します。

  • 弁護士が教える遺言書の書き方 ~後編~ 実際に遺言書を作成してみよう

    2016.06.06

    前回は、遺言書を書く前提として、遺言書には3つの方式があることを解説しました。後編では遺言書を実際に書く場合のポイントを解説します。

  • 弁護士が教える遺言書の書き方 ~前編~ まずは遺言書の種類について知ろう

    2016.05.30

    遺言書を活用することで「争族」を回避できることについて前回解説しました。今回は遺言書を実際に作成する場合のポイントについて前編・後編の2回にわたって解説します。

  • 遺言書活用で“争族”回避 相続財産5千万円以下で75%がもめごとに

    2016.05.19

    平成27年の相続税増税によって、相続対策のご相談が急増しています。相続対策というと相続税の対策ももちろんですが、相続財産を巡って相続人が争う「争族」対策も重要となります。

  • 売り手市場の今がチャンス!人気の資産税(相続・事業承継) 求人動向

    2016.04.11

    昨今、転職市場は売り手市場、つまり転職希望者にとって有利な市況が続いていますが、税理士にとってもこの状況は例外ではありません。このような売り手優位の市況では、労働環境を変えるための転職はもちろんのこと、何か強みをつくりたいと考える税理士にとっても大いにチャンスとなるタイミングです。今回は、最近人気の資産税業務の中でも特に注目されている相続業務について、求人の特徴と選び方のポイントをご紹介します。

  • 空き家・空き地を売却 期間限定で税金の優遇措置

    2016.01.21

    「相続した土地や不動産の処分に困っていた」。こうした悩みを抱えていた人には朗報だ。平成28年度税制改正により、適用要件はあるものの、売却した場合、税制の優遇措置が受けられることになる。一方で、「空き家・空き地」を放置し続けると、税制面で損する可能性もでてきた。

  • 税務署 相続対策の「金」活用に監視強化

    2015.11.20

    相続税の節税目的で金購入者が増えているという。金なら、値上がりも期待できるほか、5年超の長期保有なら税額も半分以下になるほか、節税効果も期待できるためだ。節税となれば、申告漏れがないか、課税当局も厳しい目を向けている。金地金調査の目は年々厳しくなってきているのだ。

ページ先頭へ