国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

ビジネスマーケットの記事一覧

  • 【第1回】ブスのマーケティング論 はじめまして。ブスです。

    2016.11.04

    おそらくこの記事を読んでいるあなたは、ブス経営者か非ブス経営者かの二通りでしょう。
    非ブス経営者の方は、世の中の自分よりも下の人間をみて、自分がいかに恵まれているか確認したいがためにこの記事をクリックしてしまったのでしょう。
    じゃあ、ブス経営者のあなたはなぜ、この記事をクリックしたのでしょうか。自分の仲間をみつけて、安心したいがためでしょうか。それとも、ただのブス経営者では終わりたくないと思ってクリックしたのでしょうか。
    (以下「経営者」という単語を省略)

  • マネーフォワードが「Business IT推進協会」を設立 中小企業支援に企業と会計人が連携

    2016.10.19

    お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京・港区,代表取締役社長CEO=辻庸介氏、以下マネーフォワード)はこのほど、中小企業のIT活用を推進するため、一般社団法人Business IT推進協会(以下「Business IT推進協会」)を設立した。中小企業との接点を多く持つ会計事務所とともに全国の中小企業を支援していく。

  • 4大監査法人の業界地図 クライアントから分析

    2016.09.29

    4大監査法人の勢力を分析するあたっては、どのようなクライアントに関与しているのかも重要な要素だ。今回は4大監査法人のクライアントから、勢力を分析する。

  • 3,000事務所が認定アドバイザーに登録 会計事務所がfreeeを選んだ理由とは<PR>

    2016.09.27

    簿記の知識がなくても簡単に始められることから、中小・零細企業から選ばれているクラウド会計ソフトのfreeeだが、付加価値サービスを拡大し、顧客満足度を高めたい会計事務所からも注目を集めている。なんと、freeeの認定アドバイザーとして登録する会計事務所は、2年半で3,000事務所にも増加。なぜ、ここまで会計事務所がfreeeに注目しているのかに迫った。

  • 4大監査法人の業界地図 人材から分析

    2016.09.16

    監査市場を席巻する4大監査法人。毎年、公認会計士試験に合格した若手のほとんどを採用しているが、人材面から見た規模は、一体、どういった勢力になっているのだろうか。今回はこの4大監査法人を人材面から分析する。

  • 税理士の皆様から1番わかりやすいと評判のFinTech入門勉強会 『Fintechがもたらす経理時間0秒の世界到来!そのとき、税理士業務に与える影響とは?』セミナー動画プレゼント!<PR>

    2016.09.14

    経理の事務仕事がなくなってしまうかもしれない。最近、あちこちで注目されているFinTechの影響として語られる可能性の一つだ。そんな大きなインパクトをもたらしかねないFinTechとはそもそもどんなモノなのか。マネーフォワードの取締役で、FinTech研究所の所長を務める瀧氏が解説しました。

  • 4大監査法人の業界地図 業績から分析

    2016.09.09

    日本国内の監査シェアの大部分を占める新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、有限責任あずさ監査法人、そしてPwCあらた有限責任監査法人。この4つを指して「4大監査法人」「BIG4(ビッグフォー)」などと呼ぶが、それぞれの違いについてはあまり知られていない。今回は4大監査法人を業績から分析する。

  • 黒字経営なのに現金が足りない!? 経営者にできる対策法とは?

    2016.09.05

    黒字経営なのに現金が足りない・・・・。損益計算書上、利益は出ているのにキャッシュが残っていないというシチュエーション。そんなことあるの?と思われる方も多いと思うが、実際には、よくある話である。

  • 会計人が持つ「効率化」の力が現場で活きる【特別連載「訪問看護ビジネスで求められる会計人」1回目】

    2016.09.01

    「人の動かし方」や「時間の使い方」の効率を高めるために、訪問看護ステーションでは「会計」の知識とそれをサポートする専門家の需要が拡大している。現場ではどのように会計情報を用いた効率化がなされているのか?訪問看護ステーションの開業と運営を支援するインキュベクス株式会社 代表取締役 上村隆幸氏が語る。

  • 9月から医療法人の分割が可能 適格分割なら税制上の恩恵が

    2016.08.23

    会計事務所が医療法人を顧問先に持つことは多い。経営コンサルまで手掛ける会計事務所にとって、平成28年9月から医療法人の分割が可能になるため、コンサルティングの幅が広がりそうだ。ただ、今回の分割制度の対象は、持分の定めのない医療法人。対象外の医療法人も多いだけに、今後の緩和が望まれるところだ。

ページ先頭へ