国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

税金・会計ニュースの記事一覧

  • 相続 民法改正で妻に優遇拡大 長期婚姻で法定相続分3分の2

    2016.10.18

    2017年、相続に関する民法が大きく変わりそうだ。長年付き添ってきた夫婦にとっては良い方向に進みそうだが、妻は夫との夫婦関係をはじめ、親族間の良好な人間関係構築が不可欠だ。

  • キーエンス創業者の長男が1500億円の申告漏れ メジャーな節税手法に暗雲

    2016.10.14

    さきごろ、流量・圧力・レーザーセンサーなどの計測器大手キーエンス(大阪市・東淀川区)の創業者滝崎武光名誉会長(71)の長男が、贈与財産について1500億円の申告漏れを指摘されたとの報道があった。この節税手法、税理士業界ではメジャーになっているだけに、国税局がどこを指摘したのか、税の専門家の間では注目されている。

  • WTO 糖尿病・肥満対策に砂糖入り飲料に課税要請

    2016.10.12

    世界保健機関(WHO)が10月11日、肥満や糖尿病を減らすため、砂糖の入った飲料への課税を進めるよう各国政府に呼び掛けた。WHOは、以前から砂糖入り飲料などは「肥満や糖尿病に苦しむ人々を世界で増やす主要因」と指摘しており、価格が上がれば消費が減るとして、各国政府に砂糖入り飲料水に課税するよう呼びかけたもの。日本政府がWTOの呼びかけにどう反応するのか気になるところだ。

  • 税務署が要求する書類を無視し続けたら・・・「お尋ね文書」は税務調査時の有力情報

    2016.10.12

    税務署から提出をお願いされた書類等は、すべて提出しないといけないのか?納税者の多くは、「お役所から頼まれたものは、そうしなくちゃいけない法的根拠のあるもの」と思い込んでいるようだが、本当にそうだろうか。

  • クラウド会計のfreeeが茨城県信用組合と業務提携

    2016.10.12

    クラウド会計のfreee株式会社(東京・品川区,代表取締役=佐々木大輔氏、以下 freee)が茨城県信用組合(本店:茨城県水戸市,理事長:渡邉武、以下茨城県信組)と業務提携を開始した。

  • 税務調査官が一番チェックしやすいのは交際費 社員のミス「5千円基準」「飲食の範囲」を入念に確認

    2016.10.11

    税金の業界で秋といえば、税務調査シーズン。調査官にとって、年末までにどこまで調査件数を上げられるかが重要になってくる。一説では、調査官の勤務評定にも影響してくるだけに、年明けまで持ち越したくないのが本音のところ。こうした調査真っ盛りの中、法人調査においては、「交際費」に調査官は熱視線を送っている。

  • 弥生会計 クラウドとデスクトップアプリケーションの連携を10月13日から開始 「業務3.0」の実現で商取引の効率化目指す<PR>

    2016.10.07

    業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社: 東京・千代田区、代表取締役社長=岡本浩一郎氏、)は10月13日から、法人事業者向けのクラウドアプリケーション「弥生会計 オンライン」と、会計事務所向け「弥生会計 17 AE」とのデータ共有を可能にした新サービスを開始する。同社では、サービス充実で、会計事務所、取引先企業、従業員、金融機関、行政などをつなげ、高い生産性・高付加価値の“業務3.0”の実現を目指す。

  • ノーベル賞医学・生理学賞に大隅良典さん 約1億円の賞金は非課税

    2016.10.05

    ノーベル医学・生理学賞の受賞者に、細胞が不要になった、たんぱく質などを分解する、「オートファジー」と呼ばれる仕組みを解明した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん(71歳)が選ばれた。賞金は800万スウェーデンクローナ。日本円にして約1億円だが、賞金には税金がかかるのだろうか。

  • 27年分給与所得者の平均給与は420万円と3年連続増加

    2016.10.04

    平成27年の日本経済は、4月に日経平均株価が15年振りに2万円台を回復するなど、アベノミクスにより上向きだったと言われているが、それを裏付けるデータを国税庁が公表した。国税庁の「平成27年分民間給与実態統計調査」によると、サラリーマンやOLの平均給与額は420万円と3年連続で増加。雇用環境の改善が続いているとともに、企業が安倍政権の要請を受けて従業員の給与引き上げに応じている結果が出ている。

  • 国税局 人気AV嬢を〝丸裸〟に 慰謝料2億円は「役務提供の対価」

    2016.09.30

    AV業界のレジェンド・里美ゆりあ(31)の「2億4500万円所得隠し」のニュースが注目を集めている。里美ゆりあといえば、ショートカットに大きな瞳、くびれたウエストから溢れる色香が世の男たちを骨抜きにし、平均寿命2〜3年といわれるAV業界にあって今年で実に9年目を迎えるという実力派。そんなゆりあ嬢がなんと、税務調査で所得隠しを指摘され、1億円を超える追徴課税を受けたのだという。隠していたとされる所得について本人が「慰謝料」と主張しているというが、果たしてその真意は…

ページ先頭へ