国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

パラリンピックの記事一覧

  • 東京2020 パラリンピック記念貨幣

    2021.09.21

    アレコレ悩んだ末に購入した記念貨幣セットが我が家には10セットほどある。

  • 東京2020オリパラ メダルラッシュで報奨金も大盤振る舞い 報奨金の税金はどうなる?

    2021.07.30

    7月22日に東京オリンピック2020の開会式が開催されたが、日本人選手の感動的なメダルラッシュが続いている。東京オリンピックは、33競技が実施されるが、今回はどれだけのメダルを手にするのか注目だ。さて、メダリストには報奨金が用意されているが、この報奨金の税金問題はどうなるのであろうか。

  • 酒井克彦の「税金」についての公開雑談~ジェンダー問題と確定申告書~

    2021.03.11

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(TOCOG)の森喜朗会長の「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などの発言が、国内外で波紋を広げました。この発言が女性蔑視だとしてマスコミで大きく取り上げられ、また、それがオリンピック憲章に反するのではないかといった話題も持ち上がり、世論に押される形で森会長が辞任をするに至りました。今回はこうしたジェンダー問題と租税法について、考えてみたいと思います。

  • 平昌オリンピック 「金メダル」で500万円の報奨金も300万円超えた分に課税

    2018.02.16

    平昌(ピョンチャン)オリンピック(2月9~25日)・パラリンピック(3月9~18日)が開催されているが、メダルに近いとされてきた選手も本番では苦戦している。日本は冬季オリンピックとして、前回の2014年ロシア・ソチ大会のメダル数が計6個で歴代3位の獲得数。今回は、それを上回るのか注目されている。メダリストには報奨金が用意されているが、ここでは報奨金に関する税金問題に迫ってみた。

ページ先頭へ