国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

中小企業庁の記事一覧

  • ものづくり補助金は上限1千万円 締切りは4月27日まで

    2018.03.16

    2月28日から中小企業庁の「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業補助金(ものづくり補助金)」の公募が始まっている。締め切りは4月27日。ものづくり補助金は、今年8月ぐらいから年末にかけて、機械装置やソフトウェアなどの設備投資をする予定の中小企業が対象。補助上限額は1千万で、補助対象経費の2分の1または3分の2となっている。設備投資を考えている中小企業にとっては是非活用したい補助金だ。

  • “税界”の裏話 経営革新支援 “幽霊認定機関”を5年で整理 会計事務所系の認定機関は2万超に

    2018.03.07

    多くの税理士・税理士法人が現在、「経営革新等支援機関」となっている。中小企業庁から3月6日に公表された同支援機関は、新たに352機関増え、合計2万7811機関となった。このうち、4分の3が税理士・税理士法人とされるが、支援機関としての使命を全うしているのはまだ少ない状況だ。そのため政府は、認定支援機関に対して5年更新という新たなハードルを設けようとしている。

  • 【KaikeiZine読者をご招待】8/3開催・税理士なら絶対押さえておきたい  中企庁認定「早期経営改善計画策定支援」丸わかりセミナー

    2017.07.19

    金融税理士アドバイザー(主宰=徳永貴則氏)は8月3日、KaikeiZine後援のもと、東京・千代田区のレックスアドバイザーズセミナールームで中小企業庁がスタートさせた新制度「早期経営改善策定支援」丸わかりセミナーを開催する。同制度は、税理士などが作成した中小企業の事業計画書作成に関する一部費用を助成するもの。セミナーでは、新制度の内容をはじめ、税理士が継続的にどうビジネスにつなげていくのかなど、金融税理士アドバイザー主宰の徳永貴則氏が紹介する。(KaikeiZine読者を限定10名様無料で招待)

ページ先頭へ