国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

会計人ニュース

注目キーワード

公認会計士の記事一覧

  • ベンチャーキャピタル(VC)に転職した公認会計士が語る、意外と地道なその実務

    2016.03.08

    こんにちは。ベンチャーキャピタルで働く公認会計士の玉木です。スターウォーズの次は最近DVDで買ったマッドマックスにはまってしまいました。火を噴くギター、欲しいですよね。
    近年、会計の経験を持つ方も増えてきたベンチャーキャピタルですが、まだまだ日本では馴染みの薄い業種。ベンチャーキャピタルに転職した理由と、ペンチャーキャピタルのあらましを紹介した前回に続き、今回は投資先の選定から審査・決定を経ての投資先支援、そしてExitまで、ベンチャーキャピタル(VC)の実務についてご紹介していきましょう。

  • 2015年度のIPOを振り返る 今後の求人動向と公認会計士のキャリアパスは?

    2016.02.19

    IPO市場が盛り上がりを見せている昨今、転職相談に来る公認会計士の方の間でもIPO支援に関わる業務は人気があります。また、これまで監査法人やコンサルティングファームでIPO支援に関わってきた公認会計士の方が、今後は企業を内部から支援したいと転職相談に来られるケースも増えています。
    一方、企業側でも公認会計士の採用を検討する動きが見られるようになりました。IPOを目指す企業では、IPOに関する知識が豊富な人材を求めており、上場企業では管理部門の体制強化をするために経験豊富な公認会計士をリーダーとして迎えるケースも増えてきました。
    今回はIPO市場の活況を背景に、公認会計士のキャリアパスについて考えてみたいと思います。

  • 未来をつくる仕事にキャリアを活かす-なぜ公認会計士がVC(ベンチャーキャピタル)に転職を?

    2016.02.15

    「監査以外の業務をやってみたいけど・・・」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?公認会計士の活躍フィールドは広がっているものの、だからこそ選択肢も多く、次のキャリアをどうすればよいのか迷ってしまう方も少なくないようです。
    そこで、今回は、株式会社サムライインキュベートというベンチャーキャピタルで働いている、公認会計士の玉木諒氏に、会計士がベンチャーキャピタルの世界で活躍するために必要なことや、ベンチャーキャピタルでの具体的な業務内容について聞いてみました!

  • こんな転職は失敗する!税理士・公認会計士の転職失敗事例

    2016.02.01

    転職活動はできるだけスマートに進めたいもの。そのためには、「何が失敗の原因になるのか」を知っておく必要があります。税理士・公認会計士の転職でありがちな失敗事例を紹介します。

  • 転職するなら、業務内容と同じくらい“社風”を見極めよ!公認会計士・税理士の事業会社への転職

    2016.01.14

    各企業には、さまざまな風土・慣習があります。業界や仕事内容が同じでも、社風が違えば働く人のモチベーションや環境が大きく変わります。転職を成功させたいなら、その見極めはとても重要! 会社の中に入ってみないと分からなそうな社風ですが、事前にそれが分かればそれに越したことはありません。転職時にぜひチェックしておきたい“社風”の見極め方をお教えします。

  • 公認会計士の転職 監査法人からのキャリアパスと年収について

    2016.01.04

    監査実務経験を積んだ会計士のなかには「そろそろ監査以外の仕事をしてみたい」と考える方が少なくありません。自分と同じような経歴の会計士がどのようなキャリアを歩んでいるのか?年収はどうなるのか?気になっている人は多いようです。監査法人からのキャリアパスと年収について、大まかな傾向を解説していきます。

  • 履歴書の書き方、服装、内定が出た後の注意点―若手公認会計士の転職のキホンその2

    2015.12.02

    若手の公認会計士が初めて転職活動をしたいと思ったとき、どのような点に気をつけて活動を行えばいいのでしょうか。「若手公認会計士に捧ぐ 初めての転職活動 基本のキ」
    後編では、応募書類の書き方や面接時の服装などについてお教えします。

  • 転職先の選び方、転職時期は?―若手公認会計士の転職のキホンその1

    2015.12.02

    業務の腕に自信がついてきた若手公認会計士の中には、新たな挑戦を求めて“転職”を考え始める人が少なくないのではないでしょうか。ここでは、初めて転職活動をする公認会計士の皆さんに転職活動の基本のキをお教えします。前編では、公認会計士として転職できる組織と転職活動に最適な時期についてご紹介します。

  • 田舎暮らしをするチャンス! 地方では税理士・会計士が足りない

    2015.11.24

    国家資格を保有している人の強みは全国のどこにでも就職先があり、安定して働くことができること。税理士・会計士の資格を持つ方その強みを生かし、思い切って田舎暮らしをすることを考えてみてはいかがでしょうか?

  • 若手公認会計士 一般企業への転職で年収UP? 押さえておくべき3つのポイント

    2015.11.24

    転職を考える際の重要なポイントの一つに年収があげられます。できる限り多くもらいたいと思うのが人情です。しかし、20代、30代の若手公認会計士が転職する際には就職先の将来性も頭に入れておきたいもの。ここでは、一般企業への転職を考える若手公認会計士の皆さんに押さえておいてほしい3つのポイントを紹介します。

ページ先頭へ