国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

国税庁の記事一覧

  • 国税庁が令和2年度の調査事績を公表~1件当たりの追徴税額は軒並み増加

    2022.01.11

    国税庁はこのほど、令和2事務年度(令和2年7月~令和3年6月)の調査事績を公表しました。各税目とも新型コロナウィルス感染症の影響により調査件数は減少したものの、大口・悪質と思われる事案に絞って調査を実施した結果、1件当たりの追徴税額は軒並み増加しています。

  • 最近の相互協議の状況

    2021.12.28

    移転価格課税等により国際的な二重課税が発生した場合の救済手段の一つが、外国税務当局との「相互協議」です。国税庁は、このほどが令和2事務年度の「相互協議の状況」についてとりまとめ公表しました。

  • 改正電子帳簿保存法がデジタル化時代の税務調査、税務行政を変える!(第2回)~税務行政のデジタル・トランスフォーメーション

    2021.12.22

    「税務行政のデジタル・トランスフォーメーション- 税務行政の将来像2.0 -」の二本柱である、納税者の利便性の向上と課税・徴収の効率化・高度化は、まさにデジタルを活用しなければ成しえないものです。税務調査のやり方も、事務所などに臨場して行う実地調査の外にリモート調査という手法が既に実施され、今後も拡大していきます。税の現場においては、税務行政がどのように変わろうとしているのか認識しつつ、将来に向けてどのような体制、考え方で進めていくべきか考えておく必要があります。

  • 青色申告65万円控除

    2021.12.21

    令和3年分の確定申告からe-Taxデビューして65万円控除を受けたいと考えている人も少なくないだろう。
    税務署のパソコンでは青色申告決算書のデータをe-Taxで送信することはできないため、電子帳簿保存を利用している人以外は65万円控除を受けられないので要注意だ。

  • インボイス制度 10月から適格請求書発行事業者登録は4万6496件

    2021.12.16

    2023年10月から導入される消費税の適格請求書等保存方式(インボイス制度)の適格請求書発行事業者の事前登録が10月1日からスタートした。初月の登録件数は4万6496件だったが、記載漏れや記載の誤りなども多く、国税庁は11月5日、登録申請の記載において特に注意すべき事項を示した。

  • 非居住者が内国法人の株式を譲渡した場合

    2021.12.14

    日本法人に勤務していた者が海外支店等に転勤し、非居住者となった後、日本法人の株式を譲渡するケースがあります。この場合、当該日本法人の株式の譲渡による所得は日本で課税されるのでしょうか。

  • 改正電子帳簿保存法がデジタル化時代の税務調査、税務行政を変える!(第1回)~国税庁が進める税務行政のDXに迫る

    2021.11.30

    令和3年9月1日にデジタル庁が発足し、日本全体のデジタル改革が強力に進められています。税務行政においても例外ではありません。国税庁が進めるデジタル化対応はどのようなものなのか、データを活用した税務調査とは・・・。ここでは、国税庁から公表された「税務行政のデジタル・トランスフォーメーション- 税務行政の将来像2.0 -」(令和3年6月)を基に、考えていきたいと思います。

  • 判決・裁決紹介 ネット販売事業に用いていたアパート等が恒久的施設に該当するとされた事例

    2021.11.23

    今回の事例は、日本国内に設けた拠点が恒久的施設に当たるかどうか争われたものです。米国在住の非居住者である納税者が、米国から輸入した自動車用品を日本国内にあるアパート等に保管し、インターネットを通して国内の顧客に販売していました。裁判所は、当該アパート等を恒久的施設に該当すると認定し、アパート等を通じて行った事業は国内源泉所得とされ、課税対象とされました(平成27年5月28日東京地裁、平成28年1月28日東京高裁、平成29年4月14日最高裁)。

  • 来年の確定申告はe-Taxがさらに便利 PDF形式の申告書データが自動保管

    2021.11.18

    税務行政のデジタル化対応を更に加速させる取組みを国税庁が進めている。2022年1月からe-Taxがこれまで以上に使いやすくなるのだ。パソコンやスマートフォンからマイナンバーカードを使って、所得税申告書の閲覧が可能となり、令和2年分以降の所得税申告書(過去3年分)が閲覧できる予定だ。

  • 暦年課税の行方

    2021.11.16

    生前贈与を考えているなら、今のうちに資産を見直し、今から少しでも暦年贈与をしておくか、相続時精算課税に舵をきるか、身の振りを決めておいた方がよさそうだ。

ページ先頭へ