国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

国税職員の記事一覧

  • 加々美 孝二氏

    国内、国際の資産税経験を活かして会計事務所からの相談に対応【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.08

    一般社団法人租税調査研究会(代表理事=武田恒男税理士)は、国税当局の実務畑で主要ポジションを務めてきた各税法の専門家が集い、会計事務所を支援する団体。主要サービスの中には、高度な税務判断が必要な場合の質問・相談対応サービスがある。ここでは、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員のうち、資産税担当の加々美 孝二税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 古原 正昭氏1

    相続税調査の実務経験が会計事務所には貴重なアドバイス【租税調査研究会】<PR>

    2021.09.01

    国税OBから構成されている一般社団法人租税調査研究会(代表理事:武田恒男税理士)には、各税目のスペシャリスト50名弱の研究員がいる。今回は、租税調査研究会立ち上げ時から、資産税の相談対応を行う主任研究員である古原 正昭税理士に話を伺った。
    (取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 資産課税の国税OBは少数。会計事務所の先輩が増えたと思って気軽に聞いてほしい。【租税調査研究会】<PR>

    2021.08.25

    相続税、贈与税、譲渡所得は毎年申告する必要がないため、間違いや申告漏れをしやすい。国税OBを顧問にしている会計事務所もあるが、国税の中でも資産税を専門としている職員は全体の約7%ともいわれており、専門外で適切な回答が得られないという場合もある。租税調査研究会では、資産税を専門としている国税OBの研究員が複数名いる。今回は主任研究員である坂本 明美氏(主に資産税担当)に話を伺った。(取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 高度な税務判断が必要なときに頼れる会計事務所のサポーター【租税調査研究会】<PR>

    2021.08.24

    経済活動の複雑化・グローバル化に伴い、税務も高度化しており、判断に悩む税理士は多い。そこで、国税当局の目線・視点から会計事務所にアドバイスをする国税OBによる相談サービスを利用したり、国税OBを顧問として迎えたりしている会計事務所は少なくない。一般社団法人租税調査研究会(代表理事:武田恒男税理士)も、そんな国税OB税理士の会計事務所向けサービス提供団体の一つ。現在、各税目のスペシャリスト50名弱が研究員・主任研究員として在職しているが、今回は審理相談を担当する野末英男氏(主に源泉所得税)、能渡洋一氏(主に消費税、印紙税)に話を伺った。(取材=KaikeiZine編集部、撮影=堅田ひとみ)

  • 女性記者のひとりごと vol.61 非常勤職員

    2019.07.10

    国税当局の「非常勤職員」は美人揃い。仕事以外の〝効果〟も期待してるのかな?・・・なんて。

  • 女性記者のひとりごと vol.40 人事異動その2

    2018.08.22

    「前からゆっくり話してみたいと思っていたんだよ」なんて言われてポ〜ッとなることもしばしばwww強面の幹部ほど、その振れ幅は大きく、心地良い。

  • 女性記者のひとりごと vol.39 人事異動その1

    2018.08.07

    離れてみて初めて見えてくるものって結構ある。人事異動の季節になると役人との「間合い」の取り方について考えることが多い。

  • 女性記者のひとりごと vol.17 住宅ローン控除

    2017.09.13

    住宅ローン控除は、庶民のマイホーム取得を税制面からフォローするため、
    金利負担を軽減するという趣旨で作られた制度だ。

  • 【コラム】国税の猛者達① 酒が強い!!

    2015.12.02

    酒が強い-。
    それが長いこと、仕事で税務調査官と付き合ってきて感じたこと。全員ではないが、とにかく酒を飲む人が多い。「皆、本当に酒が好きなんだなぁ」と思っていると、実はそれほどでもない人も多いという。それでも、先輩に誘われるから飲みに行く。昭和ちっくな雰囲気。それが国税職員だ。

ページ先頭へ