国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

株主総会の記事一覧

  • 経営者ヨシカワの上場探求コラム「コロナ禍の株主総会②」

    2020.08.28

    こんにちは、上場探求隊(ジョウタン)のヨシカワです!7月後半某日、上場会社の株主総会に行ってまいりました。
    今回はいろいろと話題提供してくれている、O塚家具さんです。・・・モロ社名ですね。

  • 経営者ヨシカワの上場探求コラム「色紙で旗揚げ!?コロナ禍の株主総会」

    2020.07.07

    こんにちは。上場探求隊(ジョウタン)のヨシカワです。経営者として上場企業の開示やIPO/上場準備中企業はどんな経営をしているのかを研究・探求するために、この場をお借りして独断と偏見で、レポートをさせていただきます。

  • バックオフィス複業マンの経理実務コラム 第8回「役員報酬」

    2020.06.23

    役員報酬とは、取締役や監査役をはじめとした役員に対し支払われる報酬のことを示します。従業員に支払われる給与は、毎月変動することが認められている一方、役員報酬は一定のルール内でしか変更することができません。今記事では、役員報酬の改定ルールについて見ていきます。

  • 国税庁 新型コロナ対応で法人税申告など延長も

    2020.04.24

    未だ終息の時期が読めない状況が続いている新型コロナウイルス感染症の拡大。税制関係の対応としては、令和元年分の確定申告における申告等期限が一括延長され、緊急経済対策に税制上の措置が盛り込まれた。国税庁では、当面の税務上の取扱いについてFAQなどを公表しているが、法人税の税務上の取扱(申告期限関係)はどうなっているのだろうか。

  • 【緊急特集】代表者の突然の死。その相続だと会社が危ない?!

    2016.08.05

    高齢社会に突入した日本では、長寿命化と並行して認知症の方も増加することが懸念されます。大株主が認知症になってしまうと、株式の売買に支障が出たり議決権が行使できなくなったりします。会社の経営者が認知症になると、株主総会が開けなくなり、株主総会決議が必要な重要な決定はできなくなるケースもあります。
    このように高齢化した日本では、M&Aを行う際に認知症に対する正しい対処をしておかないと思わぬ落とし穴にはまってしまう危険があるのです。今後の高齢社会におけるM&Aの心得について、相続・成年後見関係の手続きを数多く手掛ける弁護士・西浦 善彦氏に話を聞きました。

ページ先頭へ