国税OB税理士が監修。公認会計士・税理士・会計事務所・企業経理担当、税金・会計に関わる“会計人”がいま必要な情報をお届けします!

KaikeiZine

注目キーワード

独立の記事一覧

  • 【無料セミナー】アフターコロナの会計事務所サービス

    2021.05.18

    コロナ禍の新しい“生活様式”をきっかけに、会計事務所が求められるサービス内容にも変化を感じている方も多いのではないでしょうか。税務サービスにおいては、調査対応をはじめ、全税目に関するより高度な知識・ノウハウ提供が必須となっています。そこで、6月17日(木)、高度化する税務に関するアドバイスやサポートを行っている一般社団法人租税調査研究会の武田恒男代表理事と同研究会の宮口貴志事務局長がアフターコロナの会計事務所サービスに関するセミナーを開催します!
    参加方法は、会場参加と録画視聴のどちらかをお選びいただけます。

  • 2021年版個人事業主が青色で確定申告 書類の書き方講座

    2021.02.01

    今年も2/16(火)から3/15(月)の間、確定申告期間が始まります。青色申告申請書を提出し青色申告を選択した人は、確定申告のためのラストスパートとなります。
    青色申告者の場合1年目で所得がほとんどなかった人でも、赤字なら申告することで来年に繰り越せるので、決算書の書き方はよく確認しておくようにしましょう。

  • 家内労働者等の確定申告 確定申告書類の書き方講座

    2021.01.28

    継続して特定の取引先からの仕事のみを受けているような人(家内労働者等)は、大きな経費が発生しないことがほとんどです。給与所得者でも、所得から「給与所得控除」が差し引かれるのに対して、こういった人は所得から差し引けるものがなくそのまま税金が掛かってきてしまい、不公平となります。そこで、経費相当分ということで特例として55万円の所得控除が認められています。なお、家内労働者等も確定申告は行う必要があります。ここでは家内労働者の確定申告の方法について解説します。

  • 2021年版個人事業主が白色で確定申告 書類の書き方講座

    2021.01.27

    開業届を出し独立開業した個人事業主で、青色申告書を提出しなかった人は白色申告を行うことになります。確定申告で白色申告するには、「確定申告書」と「収支内訳書」を提出する必要があります。ここでは、白色申告を行う人が提出すべき書類の書き方についてお伝えします。

  • 独立開業した個人事業主 青色申告、白色申告どちらを選ぶ?

    2021.01.26

    フリーランスになるなど、独立開業し個人事業主になると、確定申告を行い自分で税金を納める必要があります。その際、「青色申告」と「白色申告」のどちらを選ぶかで納めるべき税金の額が変わってきます。聞いたことはあるけど自分はどっちを選べばいいの? 違いは何? 申告書はどうやって書くの? といった基本的なことについて解説します。(2021年1月27日追記)

  • 年明けに独立・開業する個人向け!今から準備しておきたい節税対策3選

    2020.12.22

    年明けに個人事業主として独立しようと考えている人は、今から準備をしておくと経営がスムーズです。本稿では、ぜひやっておきたい節税対策を3つご紹介します。

  • 「成長こそ経営」プロフェッショナルとして企業の成長を支える【コーポレート・アドバイザーズ 中村亨氏】

    2020.12.16

    今回お話を伺ったのはコーポレート・アドバイザーズ グループ代表、公認会計士・税理士の中村亨氏。監査法人トーマツ(当時)からコンサルティングファームを経て独立、250名を超える組織を先導する実力派会計人にこれまでのキャリアから経営、会計業界の今後についてのお話を伺いました。(取材・撮影:レックスアドバイザーズ 村松)

  • 会計士 中村亨の「経営の羅針盤」第9回-コロナ禍から企業が立ち上がるためのヒント「両利きの経営」

    2020.12.09

    皆さん、こんにちは。今日は、コロナというパンデミックで大きく変化する今後の企業の在り方を一緒に考えてみたいと思います。

  • 高度な専門性と相談のしやすさでクライアントの心をつかむ 【クリフィックス税理士法人 山田徳昭氏】

    2020.12.02

    今回お話を伺った実力派会計人はクリフィックス税理士法人代表社員、公認会計士・税理士の山田徳昭氏。大手会計ファームに匹敵する専門性・品質と中小会計事務所の相談がしやすい距離感のハイブリッドともいえる法人を支える山田代表のキャリアや今後のビジョンに迫ります。(取材・撮影 レックスアドバイザーズ 村松)

  • 【シリーズ】独立若手公認会計士の日常 8.中の人ならではの苦労と鐘を鳴らすまで

    2020.11.27

    主人公である26歳若手公認会計士が監査法人を辞めた勢いで独立し、せっかく安定したのに再就職して自分の居場所をだんだんと見つけていくフィクションライフスタイル。
    この物語に登場する人物や団体、事象はフィクションです。

ページ先頭へ